> >

ハイジニーナが定着の兆し?Iラインのムダ毛をキレイに処理する方法



ビキニライン脱毛
最近、VIOラインの脱毛というのを耳にする機会が増えてきました。中には、ハイジニーナという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。以前は、Vラインの脱毛はしている人がいても、Iライン、Oラインについては聞きなれていない人がほとんどだったと思います。もともと、デリケートゾーンの脱毛は、日本ではあまり定着しておらず、外国のタレントなどが、デリケートゾーンの脱毛をしたことから、少しずつ日本にも浸透してきたようです。ハイジニーナとは、衛生的という意味のハイジーンから来ていて、VIOラインなどのデリケートゾーンの全てを脱毛することを言うようになっています。

 

VIOラインを脱毛するメリット

特に自己処理をしていないという人も多いと思いますが、下着や水着のサイドからはみ出してしまうこともあるので、気は抜けません。細めの下着(Tバックなど)を履いても気にならないですし、生理中の不快感を減らす働きもあります。下着や水着がずれても問題がないのできれいに全部毛をなくすという人もいれば、全部なくしてしまうのは、それはそれで恥ずかしいと言って、性器の周りは少し残している人もいます。

 

Iラインのムダ毛を自己処理する方法

今は、Iラインのための電気シェーバーも売っていて、きれいに処理をしたいと考えている人が増えていることが分かります。電気シェーバーが比較的楽に痛みがなく、脱毛ができますが、一時期話題になったブラジリアンワックスなど、ワックスを使って脱毛をするのも一つの手です。ワックスの使い方としては、Iラインにワックスを塗って、その上にシートを貼り、時間がたって、乾いたらはがすというものです。しかし、この痛みは半端ないです。ただはがすだけでも痛いのに、デリケートゾーンなので、更に痛みは強いので、自己処理をするなら、電気シェーバーのほうがいいと思います。

 

エステで脱毛するならVIOをセットで

脱毛エステで脱毛をする方法もあります。脱毛エステでVラインは脱毛をしている人も多いと思いますが、Vラインを脱毛すると、次は、Iラインと思う人も多いので、VIOラインでまとめて安いコースで処理をしてもらうのもいいかと思います。Iラインの脱毛は、陰部を見られてしまう可能性も高いので、恥ずかしさからなかなか踏み切れない人も多いかと思いますが、紙パンツを履いて、それを少しずつずらして施術をしてもらうところが多いです。自分で処理をするのが難しいようでしたら、肌トラブルなどが起きても嫌ですし、お金を払って、しっかり処理をしてもらうのも考えてみる価値はあります。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Iライン脱毛

Comments are closed.