> >

Iライン脱毛をする前に。自己処理の仕方、痛み、脱毛時の姿勢など前知識



Iライン脱毛

 

脱毛するのに恥ずかしい部位といえばVIOですよね。
事前に、どんな風に脱毛するのか知っていれば、恥ずかしさが軽減されるかもしれません。
ここでは、脱毛サロンでのIライン脱毛について紹介します。どのサロンでも同じ方法とは限りませんので、ご注意ください。

 

 

Iライン脱毛をするときの姿勢は?

まず気になるのは、「Iラインなんてどんな姿勢で脱毛するの!?」ということでしょう。でも心配することはありません、Vライン脱毛をする場合と基本的には同じです。
デリケートゾーンの脱毛をする際は、紙ショーツをくれるサロンであれば、紙ショーツをはいて施術します。もしくは、自身の下着をはいて施術をします。

 

仰向けにベッドに寝そべって、片足ずつ開き、下着をずらしながら脱毛機器で光の照射をします。技術のある人であれば5分10分程度で施術しますし、下着も着用したままなので、サロンでも恥ずかしさを感じないよう配慮してくれます。

 

 

施術前に、自分でシェービングしておく

脱毛サロンで脱毛する場合はどの部位でも言えることですが、事前に自分でシェービングしておく必要があります。もちろんIラインについても自身で処理しておかなくてはなりません。
カミソリは危険なので、電気シェーバーを用意しておくといいでしょう。見えないので自己処理がとても難しい部位ですが、脱毛サロンでも処理の仕方を教えてくれます。

 

 

施術前は部位を清潔にしておく

いくらデリケートゾーンの脱毛とは言え、施術前にシャワーを浴びるなどということはしません。サロンで施術を受ける前に、キレイな状態にしておくよう心がけましょう。
脱毛自体は恥ずかしいことではないですが、不衛生な状態だと恥ずかしいですし、施術者の方への配慮にもなります。

 

 

Iラインは痛みが強い

デリケートゾーンはそもそも、脱毛する際に痛みを感じやすい部位です。毛根が深く、太い毛が多いことと、色素沈着が強い場合があるためです。

 

特に、Vラインに比べてIラインの方が色素沈着もしやすいので、更に痛みが強くなりやすい傾向にあります。ただ、痛みがある部位なので手早く施術してくれるのと、回数を重ねて毛量が減るに連れて痛みも減るようです。
医療機関のレーザー脱毛よりは、脱毛サロンの光脱毛の方が痛みを感じにくいと言われています。

 

Iラインの脱毛は普通になっているとはいえ、やっぱり恥ずかしさはありますよね。また、痛みについても心配です。できるだけこちらの気持ちも配慮してくれたり、施術経験が豊富であるなど、信頼のおけるサロンを選びたいものです。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Iライン脱毛

Comments are closed.