> >

家庭用脱毛器でIライン脱毛をするなら根気と集中力が必要。頑張れますか?



Iライン脱毛

サロンやクリニックに通わなくても、好きな時間に自宅でケアできるとして人気なのが「家庭用脱毛器」です。
製品の種類によりますが、サロンやクリニックで使っている方法と同じ「光脱毛方式」や「レーザー脱毛方式」の脱毛器が多く販売されており、使い続ける内に毛が生えてこないようになります。

 

 

家庭用脱毛器でもIライン脱毛は可能?

Iラインについては、各メーカーでは保証をしていません。脱毛器での照射が、粘膜に当たってしまうと危険だからです。
それでも、家庭用脱毛器でIラインも脱毛しているというケースは多いようです。どうしても家庭用脱毛器でIライン脱毛をしたいという場合に、以下のようなポイントで製品を選ぶといいでしょう。

 

 

本体が軽い、持ちやすいもの

Iライン脱毛において最も注意しなくてはいけないのが、粘膜部分に照射しないようにすることです。本体が重たいものや、持ちにくい形のものだと、誤って粘膜部分に照射してしまいやすくなります。

 

 

出力レベルが細かく設定できるもの

Iラインはデリケートな部位なので、細かい出力レベルが設定できる脱毛器で、少しずつレベルを調節しながら脱毛するといいでしょう。
あまりにも低いと効果がないですし、高いレベルでしか照射できないと痛みが強かったり、肌を傷つけてしまう場合があります。脱毛器によって、出力レベルの調節段階が異なるので、これに注目しましょう。
低い出力レベルで、少しずつ回数をかけて脱毛するといいでしょう。

 

 

照射範囲が狭いもの

例えば腕や足など、広い面積の部位を脱毛したい場合は、照射面積が広い脱毛器がおすすめですが、Iラインについては照射範囲が狭いものでないと脱毛が難しいです。
先にも挙げた通り、誤って粘膜部分に照射してしまうと危険なので、できるだけ少しずつ、細かく脱毛していく必要があります。

 
Iラインも脱毛したい場合は、小さなカートリッジがオプションで用意されている脱毛器を選ぶといいでしょう。部位によってカートリッジを使い分けることができます。

 
Iラインのムダ毛は気になるけれど、サロンやクリニックで脱毛するのは抵抗があるという人でも、家庭用脱毛器なら時間も場所も選ばず脱毛することができます。
あくまで自己責任で脱毛することになりますので使い方に注意は必要ですが、試してみるのもいいかもしれません。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.