> >

Iラインを脱毛で肌トラブルが起きてしまったら



Iラインを脱毛で肌トラブル
Iライン脱毛の認知度が高くなってきた昨今、Iラインを脱毛する人が増えてきました。

またそれに伴って、脱毛後、Iラインに痒みを感じたり肌トラブルが起きる人がいるかもしれません。

Iラインは人の体の中で最も繊細な部分です。皮膚が薄く、多少の刺激でもトラブルに発展しかねない部位となっています。

その様な部位の脱毛をすれば、肌トラブルの可能性は更に高くなります。

しかし、自己処理で脱毛を行った場合はともかく、エステサロン等、お店で施術を受けた場合は比較的トラブルは少なくなりますので安心して下さい。

ただ、もしIライン脱毛後に痒みを感じる、カサカサしてきた等、肌トラブルが起きた時の為に一体何をすればいいのか、対処法を知っておくといいかもしれません。

まず、Iラインは普段自分でも確認し辛い部位となりますので、最初の気付きは目視より感覚が先になるかと思います。

痒みを感じる、痛い、もしくは乾燥によるトラブルが、何らかの形で感覚として伝わるでしょう。

まず鏡でIラインの肌状態を見る

それらを感じたら、まず鏡で肌の状態を見てみて下さい。

確認してみて、肌が赤い、ブツブツがある、腫れている、等の症状があればその状態が肌トラブルです。

Iライン脱毛後は、普段体毛に守られている部分の毛がなくなることで直接摩擦を受け易くなり、ショーツ等の接触が原因で赤みやブツブツ、カサカサ等のな症状が現れます。

また、脱毛は毛根から毛を抜く行為ですから、繊細な部位の毛根自体がなくなる事で毛根にトラブルが起きて痒みが現れる場合があります。

それぞれの原因・症状で対処方が変わってきますので、鏡での確認はしっかり行いましょう。


どのように対処すればいいのか?


肌を一旦冷やす

まず、肌に痒み、赤み、腫れのような症状が現れた場合は、保冷剤等で肌を一旦冷やしてみましょう。

これらの症状は、お風呂に入る等の行為により、体温が高くなり血行が良くなった事で一時的に発生する場合があります。

ですので、一過性のものか確認する為に、原因となる体の熱を下げてみましょう。

もしこれで、痒みや赤みが引くようであればそれ程心配は要りません。


皮膚科で診察を受ける

しかし、Iラインを冷やしてみてもこれらの症状が引かない場合は、薬等の治療が必要になってきます。

その場合は一度、皮膚科で診察を受けてみて下さい。

市販のIライン専用の塗り薬も現在は販売されておりますが、症状によっては用途ととは異なっている場合がありますので、一度ちゃんと診察を受けられる事をお勧めします。

最後にIラインで肌トラブルが起きた場合に絶対にしないで頂きたい事は、痒みや違和感があるからと言って手で乱暴に触ったり掻いたりしない、という事です。

手で触る事で症状を悪化させる場合があるからです。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Iライン脱毛

Comments are closed.