> >

Iライン脱毛、処理をした後のアフターケア方法



Iライン脱毛アフターケア方法
皆さんは脱毛、特にIライン脱毛をした後はご自分で何かされているでしょうか。

毛抜き、ワックス、テープ、脱毛器などの処理方法に関わらず、Iライン脱毛をした後は必ずスキンケアをして頂くことをお勧めします。

というのも、脱毛後は肌がとても刺激を受け易くなっているからです。

中でもIラインは体の中でも皮膚が薄くデリケートな部分となりますので、気を付けて頂きたい部分です。

特に、ワックスやテープ、フラッシュ脱毛と呼ばれる脱毛器具を使用される場合は、皮膚全面に刺激・熱を与える為、乾燥し易くなっているのでケアは丁寧に行って下さい。

脱毛後、もし何もスキンケアをせずにそのままにされると肌トラブルを招く可能性があります。

概ね、Iライン周辺のアンダーヘアはホルモンの関係上、他の部位よりしっかりした毛が生えています。

また、毛根も比較的皮膚の深い位置にあり、その為脱毛をした後に毛穴から血が出ることもしばしばあります。

上記のような理由から、特にデリケートな部分やしっかりしたムダ毛を脱毛する場合はスキンケアを疎かにすると、皮膚のカサつきや痒み、湿疹の原因となってしまいます。

では、どのように脱毛後のスキンケアを行えば良いのでしょうか。


脱毛後の乾燥を防ぐ為の保湿

一番気をつけて欲しいことは、脱毛後の乾燥を防ぐ為の保湿です。

特にワックス、テープ、脱毛器を使用されている場合は、使った箇所が一時的に荒れている状態になっていますので、保湿には時間をかけて下さい。

保湿に有効なのは、ヒアルロン酸やセラミドが配合された化粧水です。

この二種類の成分は保湿力に優れていますので、ワックスやテープで皮膚の表層が水分を逃がし易くなっている場合に効果を発揮します。

また、Iライン脱毛後は毛穴が大きく開いている状態です。

この状態は吹き出物が出来易くなっていますので、化粧水以外のケアをされる場合はニキビ予防に特化したスキンケア用品のご使用もお勧めします。

本来、毛穴が開いている状態でクリームなど粘度の高いものを肌に塗ると、クリームが毛穴に詰まってトラブルの原因となる場合があります。

しかし、現在はニキビ肌用の保湿クリームも販売されておりますので、化粧水をした後、更に十分な保湿を行いたい場合に使ってみて下さい。


デリケート部分専用の痒み止めクリーム

最後に、脱毛後スキンケアをしっかりしていてもデリケートな部分ですのでどうしても痒みなどが引き起こされる場合があります。

そういった場合は我慢をされず、現在発売されているデリケート部分専用の痒み止めクリームを使用されるか、専門の医師に相談されることをお勧めします。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.