> >

後悔しないために…知っておきたいIライン脱毛のよくある失敗例




Iラインの脱毛をしている人の体験談を、身近な人から聞く機会があれば安心なのですが、場所が場所だけに、なかなか具体的な話を聞くことは難しいですよね。
親しい間柄でも、恥ずかしいと感じてしまう方が多いようです

そんな時には、脱毛サロンの口コミサイトなどを参考にしてみるのもいいでしょう。
ただ、気をつけなければいけないのは、良いことばかりを載せているような口コミはあまり信用できません。
賛否両論に分かれるのが当然のことなので、正しい目で判断してください。

Iラインの脱毛を経験した方の中で、「失敗した」「後悔した」という体験談に目を向けてみました。
失敗しないIラインの脱毛をするためにも、参考にしてください。

 

痛みが強くて続かなかったという失敗例

エステサロンなどで多く用いられている光脱毛と、クリニックで用いられている医療レーザー脱毛のどとらかが、Iラインの脱毛には利用されます。

医療レーザー脱毛と比べて、光脱毛の方が痛みが少ないのですが、脱毛効果を長く維持したい場合には医療レーザー脱毛の方がおすすめです。

永久脱毛として認められれいるのは、医療レーザー脱毛と、ニードル法の2つです。
Iラインの脱毛に、一つ一つの毛穴に電気を流すニードル法は、時間もかかるし痛みが強いので向いていません。

 

レーザーでのIライン脱毛はかなりの痛み!

では、レーザー脱毛ならIラインの脱毛も可能なのかというと、これもまたかなりの痛みを覚悟しなければいけないんです。
Vラインの脱毛を医療レーザーで行った人は、ついでにIラインもやってみたら、痛みがすごくて中途半端な状態で止めてしまったという人もいるんです。

 

光脱毛でもそれなりの痛みが…

エステサロンの光脱毛は、医療レーザーに比べて痛みは少ないと言いますが、Iラインは敏感です。
手足の脱毛のようなわけにはいかないと覚悟しておく必要もあるんです。
Iラインの脱毛に関しては、痛みを克服することができる人じゃないと無理と言っている人もいるほどです。

しかし、痛みの感じ方は個人差があるので、そうとも限らないわけです。
手足や、ワキの脱毛などを先に行っておけば、脱毛の痛みがどの程度なのか予測がつきやすいのではないでしょうか。

 

肌にトラブルを起こしてしまった失敗例

黒い色素に反応することで、毛根に働きかけるレーザー脱毛や光脱毛では、日焼けした肌に脱毛はできない場合があります。
日焼けして、黒い肌のまま脱毛すると、火傷に近い状態になってしまう恐れがあるんです。

そこで問題になるのが、Iラインは他の部分と比べて色素が濃いことがあるということ。
日焼けが原因ではないため、白い状態に戻して脱毛することができないわけです。

そのため、Iラインの色素が濃い人が光脱毛やレーザー脱毛を受けると肌がトラブルを起こしてしまい、治療を必要とする結果になったという失敗例もあるんです。

もちろん、医療レーザーではドクターの診察も受けられますし、エステサロンでも医療機関と提携しているので、治療のフォローがあるのでそれほど心配することもないですが、ちょっと怖くなりますね。

自分のIラインの色素が、黒いのかどうか判断するのも難しいので、脱毛希望の方はプロに事前診断してもらい、安全に行えることを確認してから始めるようにしましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Iライン脱毛

Comments are closed.