> >

Iライン脱毛 自宅で簡単にできるケアの方法



女性のお腹・ビキニライン

Iライン脱毛?いったいどの部分のこと?

Iラインの脱毛についての広告も最近は増えて来ていますが、Iラインとは果たしてどの部分をさすのでしょうか。

Iラインとは、太ももの付け根の、ちょうど下着で隠れる部分の両側のアンダーヘアの事で、普通にしていたら毛が生えているのか、もしくはどの程度毛が生えているのか確認するのも難しい位置にあります。


Iラインはデリケートな場所なので注意が必要

Iラインの毛は、用を足したり、生理の時も血や尿のしぶきが付着してしまうので、剃るほうが清潔とされています。

サロンなどに行かずになんとか自分でできないものかと考える人も多いですが、デリケートな場所だけに、カミソリで剃るのも不安ですし、きちんと上手く剃れたとしてもカミソリ負けや、剃ったことで乾燥してしまってヒリヒリしたり、もしくは黒ずみなどの跡になってしまう場合もありますが、なかなか確認しずらい部位なので、荒れてしまってもなかなか気づかないものです。

ブラジリアンワックスを試す人も少なからずいますが、はがすときに痛いので、腕や体の他の部位にはできてもIラインはちょっと…と躊躇してしまいますよね。

そんな人に自宅で簡単にできるケアの方法をご紹介します。

Iライン 自宅で簡単にできるケアの方法

用意するものはグラニュー糖、2カップと四分の1カップのレモンジュース(100%)、それに八分の1カップの水だけです。

まずはこの材料を鍋の中で混ぜ合わせ、温度が上がるのを待ちます。ただし注意点はゆっくりと長い時間熱してしまうと材料はカラメル状になり、色も赤や暗い色になってしまいますが、そうなると砂糖の成分が分解された状態になり、脱毛の効果が薄れてしまいます。

熱し方のコツとしてはコンロや電子調理器の性能にもよりますが、260度かそれよりも少し高い温度で、9-12分程度加熱する事です。

そうするとひたひたの砂糖の液体になります。レモンジュースは砂糖が凝固しないように働きます。これをしばらく冷やします。冷蔵庫に入れても大丈夫です。

素材が冷めたら、ボール状にまるめて、Iラインに少し押し気味に当ててみましょう。ねばねばするのでお風呂場でやったほうがいいです。

押し当てる時は毛穴に砂糖の成分が浸透できるように数秒間押し当てましょう。

少し毛が動いたような感触がありますが、皮膚の表面から毛を引っ張るわけではないので毛が抜ける時の痛みが出ないはずです。自然の素材を利用するのでお肌にも優しいです。(お肌に合わない方もいらっしゃると思いますので自己責任でお願いします)

しかしながら、この方法は永久脱毛ではなく、もっても6週間ほどでまた毛が生えてきますので、Iラインの永久的な脱毛を考えている人はサロンなどに行った方がいいでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: Iライン脱毛

Comments are closed.