> >

妊娠中の永久脱毛がお断りされる理由は単純明快!プロラクチンの影響で効果が半減するから



妊娠中の脱毛

 

20代~30代の女性が、最も脱毛に興味がある年代と言えますが、この年代は結婚や出産など、ライフスタイルに変化が起こる年代とも言えます。

脱毛もしたいけど、将来子供が欲しいと考えている女性は、妊娠前に脱毛を終わらせておくことをオススメします。
妊娠中はクリニックでもエステでも脱毛を断られてしまうのです。

 

 

妊娠する前に終わらせておきたい脱毛

さらに妊娠した場合の脱毛という問題もあります。
だいたい、どのクリニックやサロンでも、妊娠中の方を拒否する文言が掲げられています。では、妊娠中は脱毛をしてはいけないのか、というとそういうわけではありません。つまり、妊娠中にお金をかけて永久脱毛をしたところで、効果が出ないからなのです。
これは何も妊娠中だけの話ではなく、授乳中も同じようにいえることです。永久脱毛、永久減毛ともに効果を出すことはできません。
ですから、妊娠中の永久脱毛はあくまで意味がない、ということであって、妊娠を理由にできない、ということではないのです。レーザーにしろ、IPLにしてもそれは可視光です。お腹に照射しても、胎児に影響を与えるものではありません。

 

 

妊娠中に永久脱毛の効果が無い理由。プロラクチン

なぜ妊娠中は永久脱毛が意味をなさないのかというと、妊娠中には胎盤が形成されますが、胎盤からはたくさんのプロラクチンが生成されます。授乳中でも同様で、子宮から多くのプロラクチンが発生します。
このプロラクチンの生産量が多い時期というのは、ほぼ例外なく多毛になるのです。ですから、妊娠中にむだ毛が気になったとします。そしてそれをエステサロンで脱毛したい、と考えるかもしれません。しかしながら、その毛はあくまでプロラクチンが原因の可能性が高いことになります。
つまり、妊娠中、あるいは授乳中を過ぎれば、たとえサロンに通わずとも、自然と気にしていたむだ毛が綺麗になくなることが多いのです。そしてもしも、その後もむだ毛が残っているような場合には、そのときになって初めて、サロンの扉を叩けばいいということです。
大事なのは、妊娠中はプロラクチンの影響で毛が生えやすいということを認識しておくことだといえるでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.