> >

使用する脱毛器で痛みや仕上がりに差が出る?4種類の脱毛法を解説




脱毛エステサロンでは、各サロンによって使用している脱毛機器が違います。
使用する脱毛機器によって多少施術時の差があるようなので、今回は一般的な脱毛機器数種類をご紹介してみたいと思います。

 

ニードル脱毛法

まずご紹介するのが、ニードル脱毛法です。
ニードル脱毛法とは、プローブと呼ばれる針を毛穴に刺し、弱い電流を流して発毛組織にダメージを与えていき脱毛するという方法です。
日本の脱毛施術の最初の頃はこの方法が一般的でした。
ニードル脱毛法は毛の処理は確実ではあるものの、痛みがあるというのが難点です。
痛みに耐えられず、途中で断念するという方も多いようです。

 

レーザー脱毛

レーザー脱毛は医師の免許がないと施術できない脱毛方法で永久脱毛の1種です。つまりエステではレーザー脱毛の施術を受けることができません。
ニードル脱毛ほど痛みはありませんんが、エステの光脱毛に比べると痛みは強いです。しかし、エステの光脱毛に比べて効果は高いです。
エステで行われる光脱毛では毛根の1番下にある毛乳頭を確実に破壊することができません。この毛乳頭が残ってしまうと再度毛が生えてきてしまいます。しかし医療レーザー脱毛なら毛乳頭までしっかり破壊できるのでかなり効果が期待できます。

痛みに関しては医療機関で施術を行うので、我慢できない時は麻酔をしてもらうことも可能です。ただしこの場合、料金が発生します。

エステの脱毛に比べて通う回数が少なく済むし、永久脱毛も可能ですが、痛み強さと料金が高い点がデメリットです。

 

IPL脱毛法(光・フラッシュ脱毛)

次にご紹介するのがです。
IPL脱毛法というのはインテンスパルスライトの略で、いろんな脱毛エステサロンで使用されている最も一般的な脱毛機器です。光脱毛やフラッシュ脱毛などと呼ばれることも多いです。

毛のメラニン色素にのみ反応するので、脱毛したい毛に光を照射させていきます。光を吸収した毛は発熱して発毛組織にダメージを与えるので、それによって脱毛ができるという仕組みです。IPL脱毛のメリットは広範囲を一気に施術することができ、短時間で終わるという点です。

先にご紹介した針のニードル脱毛は時間がかかる上に痛みが強い点でなかなか踏み出す方が少なかったようですが、このIPL脱毛法は痛みも少なくなったこと、そして短時間で広範囲の脱毛が可能ということでエステサロンで行う脱毛の普及が一気に広まりました。

ニードル脱毛やレーザー脱毛に比べて痛みが弱く、広範囲を一気に脱毛できるという点と料金が安価な点がメリットですが、ニードルやレーザー脱毛に比べて効果が低いという点がデメリットです。
 

S.S.C法

最後にご紹介するのが、S.S.C法の脱毛機器。
こちらは、ミュゼプラチナム脱毛ラボなど大手脱毛エステサロンで使用されている最新の脱毛機器です。

このS.S.C法というのはスムーススキンコントロールの略で、イタリアの医療機器開発製造会社が日本向けに開発した脱毛機器です。
これまでの光脱毛とは違い、安定したエネルギーを送ることができるクリプトンライトというものと、フィリニーブという有効成分による相乗効果で、毛根やその周りの組織を傷めることなく脱毛ができるという機器です。

このS.S.C法は痛みがほとんどなく、お肌に優しい脱毛ということで今注目されている脱毛機器です。

こちらの「S.S.C脱毛」もレーザーやニードルなど医療機関で行う脱毛に比べて安価で痛みも弱いのですが、効果については医療機関の脱毛にはかないません。ただ、エステの脱毛でも仕上がりに満足する方は非常に多いのでこちらの「S.S.C脱毛」は本当におすすめです。

以下で「S.S.C脱毛」を採用しているミュゼプラチナムと脱毛ラボの今月のキャンペーン情報が確認できるので宜しければご覧ください。

ミュゼプラチナムの今月のキャンペーンをチェックする
http://datsumo-labo.jp/
脱毛ラボの今月のキャンペーンをチェックする
http://datsumo-labo.jp/

 
いかがでしたか?
脱毛機器と言ってもいろんな種類があるものですね。

こうして比較をしてみると、それぞれ得られる効果がありますから、どの脱毛機器が良いのか悪いのかではなく、施術される側が何を求めているかということが大事なポイントになるような気がします。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.