> >

子供脱毛コースがあるディオーネ・エピレ・脱毛ラボを比較してみました



脱毛
子供の脱毛はどこのサロンでも受け入れてくれるというわけではありません。
多くのサロンは脱毛の施術がおこなえるのはカラダが成熟してから、と考えているからです。
でも、今は小学生でもファッションを思いきり楽しむ時代。
ムダ毛に対してコンプレックスを感じる子供は多く、母親が悩んでいる子供を何とかしてあげたいとサロンに相談するケースは増えているようですね。
こういった需要からか、まだ多くはないですが子供に対応したコースを正式に作っているサロンはあります。

Dione(ディオーネ)』や『epiler(エピレ)』や『脱毛ラボ』には子供専用の脱毛のコースがあります。

 

Dione(ディオーネ)の子供の脱毛コース

『Dione(ディオーネ)』は“ハイパースキン法”という低温の脱毛法で有名なサロンです。
この脱毛法は痛みがないこと、肌への負担が少ないことから子供にも対応しています。
テレビや雑誌にも多く取り上げられていて、現在の子供脱毛をおこなうサロンの代表格といっていいでしょう。

脱毛可能な年齢はもっとも低く、なんと3歳から
「3歳なんてまだ毛が生えてないでしょ」なんて思ってしまう人もいると思いますが、このサロンは毛が本格的に生えてくる前の施術を勧めているようです。
ハイパースキン法は他のサロンでおこなっている、今生えている毛に働きかけるものではなく、休止期の生えていない毛穴働きかけていくのでまだ毛が生えていない頃にも対応できるんです。

処理しておくといいかもしれないのは例えばワキ。
ワキの毛は女性ならほとんどの人が要らないと思っているハズです。
ワキ毛が生えてくる年齢は平均で12歳といわれています。
この前に施術をおこなった子供は適齢期になってもワキ毛が一本も生えてこないそうです。
なんだかとってもうらやましい話ですね。

 

 

epiler(エピレ)のキッズコース

続いて『epiler(エピレ)』について。
こちらのサロンには“キッズコース”というものがあります。
キッズコースの対応年齢は7歳からです。
早熟な子供や遺伝による影響が大きいと小学校にあがる年のこの年齢から、体毛が気になりだすことがあるでしょう。

このキッズコースの魅力は値段が安いことにもあります。
全身の脱毛を考えていて、金額を安くおさえたい人はこちらが一番適したコースです。
ちなみにキッズコースが適用できる年齢は、上は15歳までとなっています。

 

 

脱毛ラボの子供脱毛

『脱毛ラボ』の脱毛開始可能な年齢は12歳からです。
でも12歳に達していればいいということじゃなく“生理が始まっていること”という条件がついているようです。
この中では一番制限が高く厳しい感じがしますが、多くのサロンが16歳や17歳からと掲げていることを考えると脱毛ラボも子供脱毛に対応しているといえます。

脱毛ラボは月額定額制で通い放題というコースが人気です。
辞めたいときにすぐ辞められるというシステムや、業界初の“都度払い”(脱毛をやった分だけ支払える)があるのも魅力です。

 
なお、子供脱毛には全てのサロンで親の同意書が必要になります。

 

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.