> >

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛。完璧に近い効果を持続させたいならレーザーを選んで



脱毛

 

今まで色々な方法で腕のムダ毛を処理してきたけど、完全に二度と腕のムダ毛が生えて来てほしくない―という場合は、選択肢は基本的にはひとつしかありません。

 

 

医療レーザー脱毛なら永久脱毛が可能です

それは腕のムダ毛への医療用レーザー脱毛です。
脱毛サロンは永久ではないのかと疑問に思う人もいるのではないかと思いますが、脱毛サロンの場合は医療機関ではないので、医療用で使うような毛包を破壊できるような強い光脱毛のマシンは法律上扱えません。

 
よって脱毛サロンでできる最大限は、毛をうぶ毛くらいの薄さにして目立たないようにするというところ。
もちろん体質によってはそれで毛がほぼなくなるという人も少なからず存在します。
脱毛サロンの場合はこの毛を生み出す毛包という部分を完全に破壊するのは難しいために、傷がついた毛包から、脱毛処理が終わっても産毛状の毛が生えてくるということは往々にしてある事です。
ところがそのような脱毛サロンでの脱毛処理をした場合によくあるのが、妊娠・出産をしてホルモンバランスが変わって、また毛が生えるようになってしまうという事です。
これには一時的なものと永久的なものがあります。
せっかく高い費用や時間をかけて脱毛したのにまた生えてきたら、せっかくの苦労も水の泡です。

 

 

完全にムダ毛をなくしたい方はレーザー脱毛を選択しましょう

確実に毛を生えさせないためには、この毛の工場である毛包は完全に葬ってしまう事が肝要なのです。それにはしっかりした医師の判断のもと、医療機器であるマシンを用いた医療用レーザーが一番効果が高いと言えます。
レーザーを用いても、もしレーザーが十分に照射されていなければ毛はなくならないので医療用レーザーで脱毛をすれば100%毛は生えない、という事はありませんが、きちんと照射され毛包が破壊された場合でまた毛が生えてくる確率は極めて低いようです。

 

レーザー脱毛は施術時間が短い

フラッシュ脱毛に比べてレーザー脱毛は、施術にかかる時間が短いです。レーザーを用いますから、広い範囲を1度に処理することができます。そのため、大幅な時間の短縮が可能となるのです。

後は痛みが少ないということが挙げられます。

これがレーザー脱毛における最大のメリットだと考える方も多いです。

ただしこれには個人差があります。さらに処置する箇所によって痛みの程度も変わってきます。しかし、特にニードル脱毛などと比べると、その痛みには歴然とした差があります。

 

レーザー脱毛の二次的な効果

また、二次的な効果もレーザー脱毛ならば期待できます。医療レーザーも美容レーザーとよく似た可視光を使います。

そのため、美肌の効果もあるといわれているのです。レーザー脱毛によって、黒ずみがなくなったり、ワキガがなくなったり、などといったことがデータとして上がっています。

 

ただし、痛みはレーザーの方が強いようです

ただし、実際にレーザー脱毛を受けた人の中には、脱毛サロンの方が痛くなかった、という人が多いです。というのも医療用レーザーは一般サロンのレーザーより照射出力が高いです。
脱毛サロンも医療用レーザーの広告も同じように「輪ゴムをはじいたような程度の痛さ」を謳っていますが、出力の関係上、レーザーのほうが痛いという人が多いのは的を得ています。

 

麻酔を使える脱毛クリニックもあります

医療機関で行う施術になるので、あまりにも耐えられない場合は麻酔を利用する事もできますので、痛みに弱いけど大丈夫かな?と心配な人はカウンセリング時に医師に相談すると良いでしょう。
また万が一の肌トラブルが起きても、即座に適切な治療が受けられます。
昨今のサロンでも医療機関と提携しているところも多いですが、即座に、となるとやはり病院での脱毛が一番リスクが少ないと言えます。そういった意味でも医院での脱毛は安心して受けられるでしょう。

 

レーザー脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛のデメリットを考えてみると、まず挙げられるのが毛質を選ぶということだと思います。つまり、レーザー脱毛の原理を考えてみると至極当たり前の話です。どういうことかというと、レーザー脱毛というのは、レーザーが一定の色に吸い込まれることを利用して行なわれるものです。

さらに毛根のメラニンにレーザーを照射していくことにより、毛胞組織にダメージを与え、そして発毛を食い止めていきます。このことからわかるように、メラニンがなかったり、あるいはメラニンの薄い毛では、充分な効果を発揮でないということになります。

このメラニンというのは当然、毛だけに含まれているものではなく、肌にも含まれています。そしてメラニンの多い肌の方は、レーザー脱毛によって毛だけではなく、肌のメラニンもダメージを受けてしまいます。

ですから、日焼けのあとなどで、メラニンが増えている状態では、このレーザー脱毛を受けることはできません。

ただし、近年では、あらゆる状態の毛質、あるいは肌質でも使えるように、いろいろな種類の医療レーザーが生み出されています。

特にヤグレーザーは、どのような肌質でも、すなわち日焼け後の肌にも使用できる、と声高に宣伝されています。

しかし、実際のところはやはり日焼け後の肌で施術を受けることはおすすめできません。

レーザー脱毛においては、施術の期間には、なるべく紫外線を避けるようにするべきです。

ただし、日焼けした肌よりも、日焼け後の肌のほうがリスクは高いです。

というのも、日焼け後の肌のほうが、内部でメラニンが活発になっているためです。この活性化は数ヶ月続くといわれています。

ですから、特に施術前や施術の期間中には、紫外線を避ける必要があるのです。

レーザー脱毛は毛周期を考えて行なわれるので、数ヶ月の周期で繰り返し行なわれます。
そしてすべての施術が終わっても、しばらくは紫外線を避けるように言われます。

これはシミができる危険性があるからです。クリニックによっては日焼け止めを処方してくれるところもあるようです。


レーザー脱毛 他のデメリット

ニードル脱毛ほどではないですが、費用も1つのデメリットだといえるでしょう。エステサロンで人気の光脱毛に比べると、レーザー脱毛のほうが高くなってしまいます。

さらに、ニードル脱毛のように即効性がないこともデメリットだといえます。施術後、すぐに毛が薄くなったことを実感できるかというと、そうではないのです。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.