> >

脱毛が原因と思っていた肌トラブルの理由は●●だった!医療脱毛はこんなときに安心



クリニック脱毛

 

脱毛後に赤みやヒリヒリ感が出たり、場合によってはチクチクとした痛痒さを感じることもあるようです。
強力なパワーで脱毛を行う医療脱毛において、多少そのような症状が出てしまうのはしかたのないことなのかもしれません。

 

 

数日経っても赤みがひかないなら、出力に問題があるのかも

しかし、あまりに赤みやヒリヒリ感がひどい場合や、数日たっても一向によくなる気配がないとしたら…。
「このままだったらどうしよう…。」「もっとひどくなったらどうしよう…。」という不安が頭の中をぐるぐるまわりはじめます。
毎回そのようなトラブルになるとしたら、機械の出力が強すぎるのかもしれません。

一度、肌トラブルがおきたら、それ以降の出力は考慮してくれるはずなのですが、全く考慮してくれない場合はクリニックを変えたほうがよいでしょう。

 

 

部位に関わらず、生理時期の脱毛は避けた方が良い

女性の身体はとてもデリケートです。同じ出力でも、ホルモンバランスの関係で肌が弱っていたり痛みを強く感じる時期があるようです。
とくに、生理中は抵抗力が低下しがちです。
体調もすぐれないことが多いという方も少なくないでしょう。

 

 

肌トラブルが起こった場合の対処法

明らかにいつもより赤みがひかないとか、ヒリヒリが続くとか、その程度がひどいと感じる場合、まずはクリニックに電話することです。
自己判断で何か薬をつけてやり過ごそうとする気持ちもわからなくはないですが、やはりどのような症状になっているのか診察を受けた上で医師から適切なアドバイスをもらうのがよいでしょう。

 

わたしの体験談

1週間が経過して「脱毛後の肌の経過が明らかにいつもと違う」と感じ、またヒリヒリ感がひどいことからクリニックに電話しました。
以前処方してもらった抗炎症薬を使ってもよいか聞いたところ、「その薬が今回の症状に合っているかは診察しないとわからないので、なるべく早めに診察に来てください。」と言われました。
お昼過ぎに電話したにもかかわらず、クリニックは当日の夕方に診察しますよと言ってくれました。
残念ながら仕事で都合がつかず、翌日の診察をお願いしたのですが、翌日の診察までに医師が直々に電話をくださったりして安心できました。

 

自己判断は本当に危険

自分の身体によくないことが起こっているときは、なかなか冷静になることができないものです。
冷静に考えれば、以前もらった薬が今回も効くとは限らないことくらいわかるのかもしれません。
しかし、「どうしよう」と不安になっているときは本当に「藁にもすがる思い」なのです。
クリニックに連絡することで、安心できて冷静さも取り戻すことができました。
もし、クリニックに電話をしていなかったら、自己判断で薬をつけて悪化させていたかもしれません。

 

意外なことに、汗が脱毛トラブルの原因でした

結局、私の場合は汗によってトラブルが引き起こされていることが診察によってわかりました。
新しく塗り薬を処方していただき、汗止めを利用することで徐々に改善していき、大事には至りませんでした。
すぐに診察を受けられれば適切な対処法を教えてもらえるので安心です。
しかし、仕事の都合などどうしてもすぐに診察が受けれない状況もないわけではありません。
そのようなときに、自宅でも心がけられることを少しお教えします。

 

 

自分でできる脱毛による肌トラブル対処法

まずは、先ほども書いたとおり自己判断で薬などをつけないことです。
自己判断でつけた薬で症状を悪化させてしまう可能性があるからです。
どうしても薬をつけたいと思う場合は、必ずクリニックに確認をとってからにしましょう。

 
次に、清潔な状態を保つことを心がけましょう。
肌トラブルの多くは、細菌による感染などの場合が多いです。
ここでお肌を不潔にしてしまうと、治りにくくなるだけでなく、治りかけてもまた他の細菌に感染してしまうかもしれません。
シャワーをあびるときには、なるべく低刺激のせっけんなどを使って、やさしく洗いましょう。

 
そして、赤みやヒリヒリ感が強い場合には冷やすと少し症状が緩和されることがあります。
ケーキなどを買うとついてくる保冷剤を冷凍庫にいくつかストックしておくと便利です。
保冷剤を直接肌にあてるのは不衛生です。また、保冷剤が溶けてくると水滴がついて濡れてしまいます。その対策として、保冷剤をビニール袋にいれ、タオルを巻いてからお肌にあてましょう。
もちろん、ビニール袋もタオルも清潔なものを使います。

 
外出するときは、紫外線などの刺激にさらされないように長袖を着用したり工夫することもおすすめです。
クリニックで診察を受けるまではこのような方法で何とか乗り切りましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.