> >

脱毛を断られないために、十分な日焼け対策を!日焼け止めの種類と正しい選び方



日焼け

 

脱毛後に気をつけたいのが「日焼け」です。
日焼けを防ぐためにはいろいろな手段があります。
日焼け対策と聞いて一番に思い浮かぶのは「日焼け止め」ではないでしょうか?

 

 

多様化する日焼け止め

日焼け止めといえば乳液タイプのものが主流でしたが、最近では乳液タイプ以外にもジェルタイプやスプレータイプ、パウダータイプのものも多く出てきました。
さらに、日焼け止めの効果を表すSPFとPAにも様々な種類があります。
脱毛後のお肌にはどのような日焼け止めを使うのがよいのでしょうか?

 
実際に、クリニックの看護師さんに聞いてみました。
看護師さんによると、「なるべく効果の高いものを選ぶといいですよ。」とのこと。

 

 

日焼け止めの効果はパッケージに記載されています

日焼け止めの効果を表す尺度としては、SPFとPAがあります。

SPFは、Sun Protection Factorの略

よく、SPF30とかSPF50と日焼け止めのパッケージに書いてありますよね。
こちらは紫外線B波をカットする能力を表しています。
ちなみに、紫外線B波というのは、お肌の悩みにありがちなシミやソバカスの原因になります。また、シミやそばかすだけでなく、皮膚ガンの原因ともなるので注意が必要です。このSPFの値が高いほど、紫外線 B派をカットする能力が高いということになります。
ここで感の鋭い方なら、「紫外線B波があるなら、紫外線A波もありそう…。」と思われるかもしれません。
その通りです。
紫外線A波というものも存在します。この紫外線A波は、皮膚を黒くしたり、たるみやシワの原因となります。

 

紫外線A波をカットする能力を表すのがPA

PAとは、Protection Grade of UVAの略です。
日焼け止めのパッケージに「+」が書いてありますよね。この「+」の数が多いほど、紫外線A波をカットする能力が高いということになります。

 

 

じゃあ、SPF50でPA++++を選ぶのが正解?

ここ最近では一番強いのが「++++」と、+が4つついたものになります。
…ということは、「SPF50でPA++++のものを選べばいいのか!」と思いますよね。
確かに、それならば高い日焼け止めの効果が期待できるでしょう。
しかし、心配なのはお肌への負担。日焼け止めも効果が高くなるとお肌への負担も強くなるのです。

 
「毎日効果の高い日焼け止めを使うとお肌への負担が心配なのですが…」と看護師さんに相談したところ、「ウォータープルーフのものはどうしても負担が強くなりがちなので、専用クレンジングなどではなく、ふつうのせっけんなどで落とせるものを選ぶといいですよ。」とのこと。
確かに、ドラッグストアに行くと、効果が高くてもせっけんで簡単に落とせるものが売られています。
そして、意外にお値段もリーズナブルです。
せっけんで簡単に落とせるだけあって、塗り心地も軽いです。
とはいえ、それだけ「落ちやすい」ということなので、こまめな塗り直しが必要なのは言うまでもありません。

 

 

敏感肌の方は日焼け止め以外の紫外線対策も組み合わせましょう

どうでしょうか?脱毛後のお肌に合った日焼け止めは見つけられそうですか?
それでもお肌がとても敏感でどんな日焼け止めもなかなか合わないという方もいらっしゃることでしょう。
そんな方は、無理せずに日傘や帽子を活用したり、UVカット機能のある衣類を着て工夫することもできます。
暑い季節は少しつらいかもしれませんが、UVカット機能のある薄手のカーディガン(長袖)を着て露出を控えることも大切です。

 
歩くときに日陰を選んで歩くことも簡単にできるUV対策です。
日陰を歩いて、帽子を被って、長袖を着て、日傘をさして、日焼け止めを塗る。ここまですれば、日に焼けて脱毛ができなかったということもないはずです。
少し面倒なこともあるかもしれませんが、ぜひ実践してみてください。
脱毛のためだけでなく、将来の美肌や健康のためにもきっと役に立つことでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.