> >

「やけど」と「毛のう炎」レーザー脱毛による2大肌トラブルの自衛と治し方



脱毛トラブル

 

医療脱毛の際に起こりやすい肌トラブルに、「火傷」と「毛のう炎」があります。
火を使うわけでもないし、脱毛中に「痛い」感覚はあるにせよ「熱い」と感じたことはないのに、なぜ火傷が起こりうるのか…?ちょっと不思議に思うかもしれません。

 

 

なぜ火傷が起こる?答えは脱毛のしくみにあります

ほとんどの医療機関がレーザー脱毛の方式を採用していると思います。
このレーザー脱毛というのは、レーザーが体毛に吸収されるときに熱を発するものなのです。この熱を利用して脱毛しています。
具体的に言うと、熱によって毛根と毛包の細胞を攻撃して破壊するイメージです。
こうすることで毛が生えてこなくなる、つまり永久脱毛が可能になるわけです。
火傷を防ぐためには、出力を抑えればよいのです。

 

出力が弱いと効果に問題が

とはいえ、弱い出力で脱毛をしても、毛根と毛包の細胞を破壊できなければ、期待している脱毛の効果を得ることはできません。
永久脱毛をするためには、火傷のリスクを背負いつつも十分に熱を与えなければならないのです。

 

効果とリスクは施術者の技術に左右される

ベストなのは、「毛根や毛包の細胞はきちんと破壊できるけど、お肌にまで損傷を与えないくらいの熱を与える」ことです。
これは、施術してくれる看護師の腕にかかっています。

 

 

肌トラブルを防ぐ自己防衛も大切です

また、火傷しやすい肌にしないことも大切です。火傷しやすい人もいれば、しにくい人もいる…というように個人差があります。
個人のうちでもお肌が弱っている日とそうでない日があったり、日焼けの具合によって火傷のしやすさが変わってきてしまいます。
どんなに経験を積んでいる熟練の看護師でも、個人差や個人内のお肌具合まで見極めるというのは不可能に近いでしょう。
火傷のリスクがあることをしっかりと理解しておくこと、また、火傷をしやすい肌にしない(日焼けしない)よう心がけることも大切になってきます。

 

 

脱毛に多いトラブルである「毛のう炎」

毛のう炎という名前こそ初めて聞く方も多いと思いますが、自己処理で毛のう炎を経験した事がある人は意外と多いと思います。
ビキニラインなど、太い毛が生えているところを自己処理したらニキビみたいなのができた!という経験はありませんか?
それは本当にニキビなのかもしれませんが、毛のう炎である可能性が高いです。

 
自己処理で起きるトラブルが医療脱毛の時にも起こるの?と思うでしょうが、起こる可能性はあります。

 

 

毛のう炎は感染によっておこる

毛のう炎とは、毛包にブドウ球菌(簡単にいえば、ばい菌ですね)が感染して起こります。
症状の表れ方としては、赤いぶつぶつができたり、膿をもった膿疱ができたりします。
痒みや痛みはほとんどありませんが、根をもったものだと少し痛みを伴います。
膿をもった膿疱がニキビと同じように見えるので、単なるニキビかなと思ったりしがちです。
カミソリで処理したりした後などに、菌が入って毛のう炎になるということは珍しいことではありません。

 

 

医療脱毛の時にも菌が入ってしまうのでしょうか?

「それって、クリニックが不衛生ってこと?」と不安になるかもしれません。
もちろん、クリニックの器具や看護師などの手が不衛生なら感染のリスクは高まりますが、クリニックが不衛生だから毛のう炎になるということは稀だとおもいます。

 
医療脱毛の際の毛のう炎は、菌に対するバリアが弱まって感染してしまうことのほうが多いようです。
もともと、私達の毛穴にはたくさんの菌がいます。
脱毛時に火傷するほどの熱が加わるのですから、菌は死にます。
それと同時に、菌に対するバリアも破壊されてしまいます。
このバリアが破壊された後に菌が入ると、バリア機能が弱まっているので炎症が起こりやすくなってしまうのです。

 

 

毛のう炎になったらどうすれば良い?

清潔を心がけるのはもちろんですが、もし毛のう炎になってしまったときには早めにクリニックに相談することが必要です。
絶対にやってはいけないのは、毛のう炎になったところを手で触ったり、膿疱をつぶすことです。
余計に悪化させたり、跡が残ってしまう可能性もあります。
早めにクリニックに相談し、診察を受け、処方される塗り薬を塗れば、治ります。

 
もし、自分で潰してしまったり不潔にしていると、治りが悪くなり、塗り薬だけでは済まなくなることもあります。
具体的には、抗生物質を服用することになるのですが、抗生物質を服用することは身体にとって負担になりますし、塗り薬で治るものなら早く塗り薬を塗って治してしまったほうが精神的にも身体的にも楽なはずです。

 
また、初夏~夏にかけては汗や皮脂の量が増える季節です。
汗や皮脂が多いと、菌に感染するリスクも高くなります。
とくに、汗を吸いにくかったり、締め付けの強い下着や服で悪化させることもあります。
汗をこまめに拭くのはもちろん、ある程度脱毛後の赤みがひいたらベビーパウダーなどをはたいておくとサラサラの肌が保ちやすくなります。
綿などのやわらかく、吸汗性のよい下着を身につけたり、締め付けを少なくすることを意識してみるとよいでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.