> >

脱毛後のアフターケアを怠るとシワが増える?エステ脱毛に保湿が大事と言われる理由



脱毛アフターケア

 

脱毛サロンで施術を受けた後は念入りなアフターケアが必要になります。
脱毛サロンの契約をする前に脱毛後の肌状態について少し勉強をしておきましょう。

 

 

脱毛の仕組み

サロンで行う脱毛にはレーザーによる脱毛、ニードルによる脱毛、光照射による脱毛などさまざまな方法があります。
肌表面に出た毛だけをカットするシェービングと違い、これらの脱毛方法は毛の毛根に働きかけていくのが特徴です。
大手サロンが採用していて近頃の脱毛の主流になりつつあるのはレーザー脱毛や光照射による脱毛。
レーザー脱毛や光照射による脱毛の場合、光エネルギーにより毛のたんぱく質構造を変異させ焼灼していくという方法になります。
痛みが少なく一回の施術があっという間に終わるのでやってみるととっても手軽で簡単に思えます。

 

 

アフターケアはどうして必要なの?

でも目に見えない肌内部で起こる状態をしっかり知っておく必要がありますね。
これを知っているのといないのとではアフターケアの意識が変わるからです。
毛根を焼灼=発毛メカニズムを破壊する、ということは毛穴に及ぼす影響が大きいです。
毛穴には皮脂腺が付随しているので皮脂腺も少なからず影響を受けます。
脱毛施術により毛穴が縮む“萎縮”を引き起こすことで通常の皮脂を出そうとする活動が妨げられると、一時的に皮脂の分泌量が少なくなります。
皮脂分泌量が少なくなると乾燥肌を招いてしまいます。
皮脂はさまざまな外的刺激から肌を守るために分泌されるという役割を持つので、皮脂が十分いきわたらず乾燥した肌は刺激に弱い状態になります。

 

 

ここで重要になるのが“保湿のケア”

たかが保湿、されど保湿です。
乾燥し刺激に弱い状態になった肌は紫外線の悪影響もダイレクトに受け取ってしまいます。
紫外線は肌表面だけでなく、内部のコラーゲン構造にまで影響を及ぼすことで知られていますね。
コラーゲンを作り出す繊維芽細胞にダメージをあたえ、肌弾力の低下を招きます。
脱毛後の保湿ケアをしっかりしないと乾燥するだけでなく、肌のハリまで失ってしまいかねません。
お肌の曲がり角を迎えた女性にとっては特に知っておいてほしいポイントです。

 

 

自分の肌は自分で守りましょう

過度の乾燥やハリを失った肌はシワを引き起こしてしまいます。
脱毛後のアフターケアが大切!というのはこんなことから。
もともと肌が乾燥しがちな人は施術後だけでなく脱毛サロンに通っている間は徹底した保湿を心がけましょう。

 
また、施術直後に塗る保湿クリームはなるべく香料や化学物質が入っていない肌に優しいものを選んでください。
施術後の肌はほてった状態にあり、少しの刺激で炎症を起こしやすくなっています。
サロンでも指導されますが、こういった細かな配慮が“脱毛してきれいな肌を手に入れる”ためには不可欠になります。
きちんと肌と向き合ったお手入れをしていれば完全脱毛後は毛がないだけでなく、毛穴すらない陶器のような肌を手に入れることができますよ♪

 

保湿材をより深く浸透させるためにバスルームでやっておきたいこと

まずシャワーから出る前には必ず週に2回はスクラブで軽く全身をマッサージする事が大事です。余計な角質が落ちる事で後のボディーローションが浸透しやすくなります。
体をタオルで拭くときの拭き方は、ごしごし擦ってはいけません。摩擦で肌が傷ついてしまいます。軽い力でタオルを押し当てるようにしてドライしましょう。

 
そして乾かしたらすぐに保湿をしましょう。腕やひじ、脚などは顔と違って皆さん保湿ケアを見落としがちですが、実はこれらの部位は体の中でもとても乾燥しやすいのです。特に冬は少し重めのボディバームなどでしっかりと潤いを閉じ込めましょう。

 

 

保湿を行うタイミング

保湿する一番いいタイミングはシャワーから上がった直後と上で述べましたが、一日一回だけしか保湿してはいけない、というわけではありません。

 
薬用リップを一日数回使うのと一緒で、体の保湿も気になるようであれば、一日数回やっても大丈夫です。特に冬の時期は乾燥しやすいので、できるようであれば何回か保湿したほうがいいと言えます。
このように毎日保湿をきちんとする習慣が出来る事で、自分自身で前よりもお肌がより健康的に変わっていく事に気づくでしょう。
お肌が充分な水分で潤っている事で、ムダ毛の処理をしてもお肌へのダメージも緩和する事ができます。お肌の乾燥はあらゆる肌トラブルの元になってしまいます。毎日きちんと保湿するようにしましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.