> >

脱毛サロンに行く際の服装。気をつけることは脱ぎやすい・締め付けがない・硬い素材は避ける



脱毛エステ

 

脱毛サロンに行くことに決めたら、次の段階で頭をよぎるのはサロンに出向くときの服装についてではないでしょうか。
「ワキの脱毛をしに行くからタンクトップを身に着けて行ったほうがいいのかな?」という疑問や、「デリケートゾーンの脱毛ではどんな下着をつけていけばいいの?」という疑問がわいてくるでしょう。

 

 

結論:服装は気にしなくて良い

脱毛サロンに行くときは、ほとんどのサロンで服装の心配は無用です。
なぜならサロンに専用の洋服があるから。
用意してあるのはバスローブや上下に分かれた施術専用のユニフォームのようなもの。
脱毛するの部位がワキだけなら上半身だけ着替えればOKのサロンもあります。
ブラジャーもとらずにつけていて問題ないサロンが多いです。

 
VIOのデリケートゾーンの脱毛には紙パンツが用意されています。
施術専用のものになりますので邪魔になることもありません。
サロンでの指定がなければ下着は通常身に着けているご自身のもので行ってかまわないでしょう。

 

 

洋服の素材はちょっと重要

ただひとつちょっとした注意点があります。
それは洋服の素材。
触れた時に肌を引っかく可能性があるものや、硬い繊維質のものはさけたほうがいいです。
繊維にアレルギーがあったり肌が弱い人は特にご注意ください。
施術をする前は問題なくても施術後の肌には刺激になってしまうおそれがあるからです。

 
サロンでも指導を受けますが、脱毛の施術を終えた直後の肌は優しくいたわってあげないといけません。
スキンケアでさえ、香りがきついものはおやめくださいと言われます。
レーザーよる脱毛の場合、体感として感じる痛みはほとんどなくても毛穴の奥の毛根を焼いていく作業になるので肌はそれなりに敏感になっています。
少しの刺激に左右されやすい状態になるんですね。
肌に触れても負担のかからない、柔らかい素材の服を着て行くのがベストです。

 

 

締め付けが強い、ガードルなどは脱毛後に不快感を感じることがある

また、施術箇所にゴムやレースの締め付けがあたるような下着であればこれもさけましょう。
レギンスやストッキング、ガードルには注意したほうがよさそうです。
さらに施術をなるべく短時間で終わらせたい人は着脱がスムーズにできる洋服を着て行くとよいでしょう。
ロングブーツやストレッチ素材のパンツだと脱ぐのに一苦労です。

 
脱毛する部位が狭い場合は施術にかかる時間は驚くほど早いことがあります。
ワキだけであれば10分程度で終わることも。
着替えにもたもたしていると着替える時間の方が長くかかってしまった、なんてこともあるかもしれません。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.