> >

日焼けくらいで脱毛を断るなんて脱毛エステはイジワル?いいえ、安全のために大切なこと



日焼け

 

エステサロンやクリニックで脱毛を考えている方が絶対にやってはいけないことがあります。
それは、「日焼け」です。
脱毛の前後に日焼けはご法度です。絶対にしてはいけません。

 

 

日焼けの具合によっては脱毛してもらえません

日焼けの程度によっては脱毛を断られることもあります。これは本当の話です。
「日焼け程度で脱毛を断られるなんて、ちょっとひどくない!?」と思うかもしれませんが、全くひどくありません。

 

むしろ、日焼けをしているのに施術をするのは不親切極まりないことです。
断るのはお客さんのためでもあるのです。
なぜ、日焼けをしてはいけないのか…。その理由が分かれば、断られるのも納得できるでしょう。

 

 

日焼けをした後に脱毛をするとどうなるのでしょうか?

脱毛では熱が発生し、日焼けでダメージを受けて弱っている肌にはさらにダメージを与えることになります。すると、施術時にやけどする可能性が高くなるのです。
また、脱毛の機械は黒いものに反応するという特徴があります。
日焼けをしていない普通の肌なら、きちんと毛だけに反応して安全に脱毛を受けることができます。しかし、日焼けで黒くなった肌では、毛だけでなく肌自体に機械が反応してしまいます。
肌全体に機械が反応してしまうと、肌がダメージを受け、やけどなどのトラブルが起きる可能性が高くなります。

 

 

日焼けじゃなくても黒ければ断られることも

話が少しずれますが、「黒いところに反応するなら、もともと色が黒い人はどうするの?」「ほくろやシミだって黒いじゃないの。それはどうなるの?」という疑問が出てくると思います。

そうです、もともと色が黒い人は施術を断られることもあります。肌の全てが黒(ムダ毛)と判断されてしまい、無駄な部分まで焼き切ってしまうからです。現在の技術では、肌が焼けていたり、黒人の方だったりすると、手作業で抜いて焼き切っていく針脱毛という方法が主流となります。ただ、大抵の場合、色が多少黒い人でも出力を下げて脱毛をしてもらえることがほとんどです。

しかし、極端に色が黒い人は残念ながら安全のため断られることもあります。色が黒くて気になる人は、脱毛が可能かどうかスタッフに判断してもらいましょう。

 

では、ほくろはどうでしょうか?

ほくろが小さい場合、そのまま機械を当ててしまうこともあります。しかし、ほくろがある程度の大きさがある場合は、その部分を避けて機械を当てます。
ほくろから毛が生えている場合もありますが、やはりその部分の脱毛はどうしようもありません。

 

シミはどうでしょうか?

シミはその程度によるようです。
色の濃いシミは、その部分を避けて脱毛します。しかし、色が薄いシミであれば、出力を下げて脱毛をしてもらうことが可能です。
シミの部分からも毛が生えている場合は、スタッフに相談してみるとよいでしょう。

 

 

脱毛後のトラブルにも注意を

毛を受ける人が日焼けに気をつけなければならないのは、脱毛の前だけではありません。脱毛の後も気を抜くと思わぬトラブルになることもあります。
脱毛で弱った肌がさらに紫外線でダメージを受ける…と考えると、想像はつくと思います。
やけど状態になったり、シミになったりする可能性があります。
脱毛の前後はしっかりと紫外線ケアをしましょう。
日焼け止めをしっかり塗ったり、日傘や長袖などで肌を覆うのも効果的です。
安全に脱毛を受けるためには、紫外線ケアにもしっかりと気を遣うことが大切です。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.