> >

光(フラッシュ)脱毛でやけど?!エステサロンでの代表的肌トラブル




脱毛サロンでの脱毛は光脱毛になります。
光を照射することでムダ毛に熱の影響を与えて生えにくくするという方法です。

脱毛と言っている人は多いですが正確には「抑毛」という事になります。

 

光脱毛には火傷のリスクがある

この光脱毛は施術のときに強さを調整して照射していくのですが、中にはやけどのような状態になってしまう人もいます。

熱がかかるので力が強いと肌も耐えられなくなるということですね。

なので脱毛サロンを選ぶ時にはいざという時にやけどのような状態、肌トラブルがあった場合はどうなるのか?というのを確認しておくべきです。

 

あらかじめ肌トラブルへの対応は調べておく

大手の脱毛サロンの場合、大抵のサロンの公式ページで安心して利用してもらうための約束事が提示されていることが多いです。

例えば

・無理な勧誘はしません
・料金表示のみでそれ以上はかかりません

といったものですね。

その中に肌トラブルの時の為に医療提携があるかどうかも確認しておくと良いです。
大手ではこの約束事の中に記載されているサロンもあります。
やけどの心配をする場合は事前に確認してみましょう。

 

治療費の扱いについても事前に確認しておく

また、医療提携をしている脱毛サロンといってもサロンによって対応が違ってきます。
紹介することはするけど決まった病院に行かないといけないという点はあります。
これは提携先の都合になりますから仕方ないですね。

また、治療費なのですが、これはサロンによって違いが出てきます。
紹介はしてくれるけど治療費は自己負担というサロンもあるようです。
逆に何か肌トラブルがあった際に治療費も含めてサポートしてくれるサロンもあるのです。

こればかりは本当にサロンによって対応の違いがあります。

自分が利用した際にヤケドをはじめとした肌トラブルが出てしまうかもしれないという心配もあります。
なのでまずいざという時にドクターなどのサポートがあるか、そしてその際の治療費などはどうなるのか、ということは確認したいところです。

詳しくはカウンセリングをした時に質問するようにして下さい。

 

脱毛を受ける際の注意点

いざというときのドクター提携のサポートは心強いですね。
ですが脱毛してもらう側の方でも気をつけないといけないことがあります。

肌トラブル、脱毛後のヤケドを避けるためにも脱毛の施術予定の前後1週間ずつの期間は日焼けを避けるようにして下さい。

また、脱毛する予定の前日から飲酒も控えた方が良いです。
脱毛当日の施術後は汗をかかないようにするといった事も注意しなくてはいけません。

こういったことにも注意しつつ、もし何かあった時にはお世話になるという前提で利用するようにしましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.