> >

永久脱毛をするともうムダ毛は生えてこない?「永久脱毛」と満足度



背中脱毛
 
日々のムダ毛処理に追われる女性達の多くは、「永久脱毛」に憧れるはずです。
今後ムダ毛を剃ったり抜いたりする必要がなくなるなんて、そんな素敵なことってありません。
でも、「永久脱毛」という言葉の意味は、多くの人が想像している意味とは違うようです。

 

「永久脱毛」は一生モノではない?

以前は脱毛というと電気脱毛が主流でしたが、永久脱毛という言葉は電気脱毛において使われた言葉です。
米国電気脱毛協会(AEA)による永久脱毛の定義では、脱毛処理の終了から1ヶ月経過した時点における毛の再生率が20%以下であることとされています。
すなわち、「永久」とは言いながらも、これからもずっとムダ毛が生えてこない状態とまでは言っていません。
最後の脱毛施術の後に、半年間以内に毛が再生しなかった場合を永久脱毛とする、としている医療機関もあるようです。
永久脱毛という言葉には、その言葉通りの定義はないと考えても良いでしょう。

 

永久脱毛という言葉は医療機関でしか使えない

日本では今多くの脱毛エステサロンがありますが、特に大手のサロンでは「永久脱毛」という言葉は使っていないはずです。
それは、永久脱毛は医業に該当するため、医療機関にしか永久脱毛行為が許されていないためです。
また、レーザー脱毛についても医療機関でしか受けることができないため、レーザー脱毛でしか永久脱毛ができない、と考えられていることもあるようです。
実際には、先に触れたとおり、今後永久的に毛が生えてこない状態を永久脱毛の定義とはしていませんので、利用者、消費者側が思う、「永久」という言葉通りの脱毛効果が必ず得られるかということについては疑問が残ります。

 

永久脱毛という言葉にまどわされないで

じゃあどこでどんな方法なら永久脱毛が可能なのか?と言った疑問が湧いてくることでしょう。
あるいは、永久脱毛ができないなんて、やっぱり脱毛サロンじゃ意味がないのね、と思ってしまう人もいるかもしれません。そもそも、「永久脱毛」という言葉にこだわる必要がないとお伝えします。
米国脱毛協会の定義や、それぞれの医療機関での定義を見るとおり、本当の意味での「永久」について保証している脱毛方法や機関はないのです。
言えることは、医療機関でレーザー脱毛の施術を受けた人や、脱毛サロンで光脱毛などの脱毛施術を受けた人たちの多くは、「脱毛できた」として効果に満足しているということです。
今のムダ毛の状態を変えたい、ムダ毛処理を楽にしたいというニーズを、どの機関・どの方法なら応えてくれるだろうか?という視点で脱毛を捉えればいいのです。

 

「永久」じゃなくても満足できるポイントがあるはず!

実際は、「絶対にムダ毛が二度と生えてこない状態」じゃなくても満足できるという人が多いはずです。
今よりもムダ毛が少なくなって、処理が楽になるだけでも随分嬉しく思えるのではないでしょうか。
自分でムダ毛をシェービングを続けることは肌負担も大きいですし、仕上がりを美しく保つのも困難です。
きちんと脱毛サロンや医療機関で脱毛施術を受ければ、毛穴や毛根の目立たないキレイな状態を目指すことができます。
そもそも脱毛は何度かに渡って脱毛施術を繰り返すので、この回数が多いほどムダ毛の量は減っていくということも、脱毛サロン・医療機関側から、あるいは実際に利用した人のクチコミからもわかるでしょう。

脱毛に永久性を求めるより、今よりも美しく、今よりも手間のかからない状態を目指すという視点で、脱毛をするかしないかを検討してみるのがいいでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 永久脱毛

Comments are closed.