> >

ずっとキレイ!本物の永久脱毛「ニードル脱毛」のメリット・デメリット




世間でよく耳にする「永久脱毛」ですが、「永久脱毛」とはどのようなものなのでしょうか。
「永久」という言葉の通り、一旦脱毛するとその部位からは二度と毛が生えてこない脱毛ということです。

 

永久脱毛効果があるのはニードル脱毛だけ!

脱毛には大きく分けて、ニードルを使用した脱毛、レーザーを使用した脱毛、光を使用した脱毛がありますが、この中で本当に完全に永久脱毛ができるものはニードルを使用したもののみと言われています。
しかしインターネットなどの広告ではレーザーや光を使用した脱毛でも「永久脱毛」とうたっているものがあり、少々ややこしい表現となっています。

ニードル脱毛とレーザーや光を使用した脱毛では脱毛の仕組みが違い、もちろんレーザーや光でも十分効果はあるのですが、ホルモンバランスなどの関係で再度生えてきてしまうことがあります。
その反面ニードルでは、針を毛穴に差し込みそこから弱電流を流し、毛乳頭自体を破壊してしまうので、処理をした毛穴から再度生えてくるということがありません。

 

ニードル脱毛のメリット・デメリット

このニードル脱毛ですが、このような良い面がある反面、マイナス面もあり、それぞれ次のようにまとめました。

 

ニードル脱毛のプラス面

・一度脱毛すると生えてこない
・日焼けした部位や色素の濃い部位、ほくろの上や周辺でも施術可能

ニードル脱毛のメリットを考えてみると、まず浮かぶのは他の処理方法よりも格段に長い歴史があるため、豊富な実績とデータが蓄積されているという点です。

永久脱毛という意味では確実性が最も高い処理方法なのです。

しかも目視で行うのがこの処理方法です。そのため、毛質などに左右されず、汎用性が高いのも特徴です。

たとえばレーザー脱毛や光脱毛となると、産毛のような色素の薄い毛であったり、白髪には処理を施すことができません。

さらに光脱毛はメラニンに作用して脱毛していくものです。ですから、日焼けしている人や肌の黒い人だと施術を受けられないということもありえます。

また、目視で施術を行うのがニードル脱毛の特徴ですから、脱毛残し、というリスクが極めて少なくなります。

このニードル脱毛とはつまり電気脱毛のことであり、すなわち電気脱毛であればクリニックでしかこの施術を受けられないのではないか、と考える方も多いです。

しかし、実際にはエステサロンでもこのニードル脱毛を行なっているところは存在します。

やはり確実性というのは処理方法を選ぶうえで、とても大事なポイントになってきます。
そのため、この確実性の最も高い脱毛法であるニードル脱毛をメニューに加えたい、と考えるエステサロンは多いのです。

この事実については協会との戦いが昔から繰り広げられています。エステサロン側の主張としては、針を使うとしても、それは毛穴にとどめているので、これは医療行為にはならない、というのが概ねです。

 

ニードル脱毛のマイナス面

・レーザーや光に比べ、痛みが強い
・時間がかかる
・コストがかかる
・施術者の技術量によりスピードや痛みが大きく違う(施術は医師または脱毛士資格保持者のみ可能)


▼ニードル脱毛は痛い!

ニードル脱毛のデメリットを考えると、真っ先に浮かぶのが痛みだと思います。しかし、レーザー脱毛であれば痛みがないかというと、そういうわけではありません。

つまり、レーザー脱毛を用いても痛みが発生することはあるのです。ただ、これには個人差があり、まったく痛みを感じない人もいます。

しかし、ニードル脱毛の場合には、痛みを感じない人は通常いません。みな痛みを感じるのが普通です。原理を考えてみれば、痛みが発生するのは当然のことだといえるでしょう。

つまり、毛穴に針を刺し、そのうえで電気を流すのです。痛みがないわけがありません。ただし、この痛みにも個人差があります。人によって痛みの程度に差があるということです。そのため、テスト脱毛を行ない、その際の痛みの程度によっては、ニードル脱毛を回避することもあります。


▼ニードル脱毛は痛い!

痛みのほかに挙げられるニードル脱毛のデメリットとしていえるのは、やはり時間です。視認できるだけでも、人間の体毛は150万本以上あるといわれています。

そのうち処理したい毛だけを考えたとしても、その量は膨大です。たとえばそれをピンセットで一本一本抜くと考えたら、大変な手間と時間がかかってしまいます。

ニードル脱毛の場合は、ただ抜くような簡単な手順ではなく、まずは毛の生え方を分析し、そのうえで毛穴に針を刺し、通電することによって脱毛していきます。

このときの時間ですが、出力の大きな機器を使っているクリニックであれば1秒かかりません。しかし、エステサロンで行なうとすると、5秒ほどの時間がかかってしまいます。
その一本一本の差が、全体で見るとかなりかかる時間に違いを生んでしまいます。

また、時間と費用は比例する、というふうに考えておくことが重要です。

レーザー脱毛や光脱毛の場合、1つの部位につき5回の施術でいくら、というふうに費用が出されます。しかし、ニードル脱毛の場合には、多くが10分でいくら、というように時間によって費用が出されるのです。


▼施術の痕が残るリスク

レーザー脱毛などに比べて、即効性があるのがこのニードル脱毛です。しかしその反面、施術の痕が残る、というリスクがあります。

これには個人差があります。ただ多いのは、施術の箇所に赤い点が残るというケースです。ただ、消えないものではありません。

通常、施術から2、3日で痕は消えることになります。
ただし、炎症を起こす可能性がありますから、充分に注意を払う必要があります。

 

医療レーザーに向く人・向かない人

まず、自分が医療レーザーを使った脱毛法に向いているかどうかをチェックしてみましょう。

1. 痛みに弱い
2. 高額な料金が払えない
3. 遠くまで通えない

 
この3点のいずれかに当てはまる人は、残念ながらあまりクリニックでの脱毛には向いていません。なぜなら、医療レーザーはフラッシュ脱毛に比べると痛みがかなり強いし、一回あたりの料金も高額だからです。また、サロンのように全国展開しているわけではないので、たまたま近所にクリニックがなければ、毎回時間をかけて通わなくてはいけなくなってしまいます。

解決法としては

 
・麻酔をしてもらう
・分割払いの相談をする

 
といったところでしょうか。場所まではどうにもなりませんが、意外と今まで知らなかった場所に存在していたりするので、ネットなどで情報を調べ、口コミも参考にして信頼できそうなところを探してみてください。

 

ニードル脱毛の流れ

1. 通いたいクリニックを見つけたら、まずは電話で予約を取ります。

2. 実際に足を運び、肌の状態を確認しながらカウンセリングを受けます。

3. 診察結果に問題がなければ、いよいよ施術開始です。クリニックでは、まず最初に肌トラブルがあった場合に備えて同意書を書かされることが多いのですが、細かい部分までしっかり読んで、後で問題が起きないようにしておきましょう。また、未成年の場合は保護者の同意書も必要になります。

4. 痛みに弱い人は、麻酔をしてから施術に入ります。まず施術は毛を5~10mm伸ばした状態で行います。毛が生えている毛穴から針を刺し、弱電流を流す。施術は一本ごとに行う。レーザーの出力の強さにもよりますが、輪ゴムでパチンと弾いたような痛みを感じることが多いです。かかる時間は、毛の濃さや部位によって違います。

5. 多くの場合、施術後のお肌は軽いヤケド状態になります。通常は2,3時間で治まりますが、悪化するようならすぐに診てもらいましょう。

 

ニードル脱毛の料金

価格については時間単位での金額になることが多く、例えば15分8,000円などというかんじです。その他初診(カウンセリング)料や血液検査料、針代、麻酔代などがかかることもあります。

料金が時間当たりということは毛が多ければそれだけ時間がかかる上、施術者により処理するスピードも違うため、スピードが遅いと同じ毛量でも時間がかかってしまい、施術を受ける側の毛量や施術者によってかなり料金や時間に違いがでてきてしまうということになります。またレーザーや光と比べると、コストや時間面ではかなり負担が大きくなってしまいます。

しかしレーザーや光を使用できない色素の濃い部位にも対応でき、細かいところまで処理することができるのは大きなメリットだと思います。

 

メリットとデメリットとを十分に考慮して

痛みや料金などの条件がクリアできれば、確実にツルツルになれる医療レーザー脱毛は本当に便利です。デメリットについてもじゅうぶんに考慮して、受けるかどうかを決めてください。医療機関での施術になるので、万が一トラブルが起きた場合はその場で診察が受けられます。

 

他の脱毛方法と使い分けを

15年ほど前は脱毛といえばニードルしかなく、全身をニードルで脱毛された方もいらっしゃるようですが、脱毛方法が発展している今は、レーザーや光で処理しきれなかった箇所をニードルでするなど、うまく使い分けられると良いのではないでしょうか。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 永久脱毛

Comments are closed.