> >

永久脱毛に避けて通れない「痛み」レーザー脱毛と電気針脱毛の痛さの違いを解説



脱毛の痛み

 

永久脱毛には痛みがどうしてもつきまといます。
レーザー脱毛でも、電気針を使った脱毛でも痛みはかなり強いものになります。
どちらが痛いか比べれば、痛みが強いのは断然電気針を使った脱毛になります。

 

 

レーザー脱毛の痛み

どのくらい痛いのでしょうか。
痛みの感じ方は人それぞれなので、具体的な痛みを伝えることは難しいのですが、医療レーザー脱毛の痛みは、ゴムで肌をパチンと弾かれたような痛みと表現する人が多いです。

 

レーザーで永久脱毛をする部位は、ワキのムダ毛やビキニラインの脱毛も人気が高いのですが、ビキニラインのようにデリケートな部位は非常に痛いようです。

 

レーザーの特性から、色素が黒色が濃い方が痛みは強くなるのですが、その痛みが強いほど、レーザーの効果が届いているということです。
逆に薄い産毛のようなムダ毛の処理にレーザーを使用しても痛みが少ないのですが、レーザーが効きにくいのです。

 

クリニックで脱毛する場合に、痛みがどうしてもコワい人は麻酔を使うことも前提にしてクリニック選びをするようにしましょう。
脱毛の料金にプラスして、麻酔の料金が必要になるので少々割高になります。

 

 

電気針を使った脱毛の痛み

電気針を使った脱毛の痛みは、毛穴に針を通す痛みと、針から伝わる電気の熱の痛みがあります。
レーザーよりも、回数か必要になるため、痛みを耐えなくてはいけない時間が長いというのが欠点です。
施術前にしっかりと冷却をしておくことで、かなり痛みは軽くなりますが、デリケートな部分の脱毛をする時は、麻酔を使う方が脱毛がスムーズに進むメリットがあります。

 

痛みが強いのに麻酔を使わないで施術すると、出力レベルを弱めなくてはいけないので、脱毛効果が届きにくくなり、なかなかムダ毛がなくならないという残念な結果になってしまいます。

 

 

脱毛前の注意点と脱毛後の注意点

永久脱毛を行う前と、脱毛処理を行った後は冷却することが大切です。
脱毛のトラブルにもっとも多い軽い火傷状態になるのを避けるためにはまずは冷却です。

 

そして、脱毛後は保湿ケアも忘れないようにしましょう。
熱によって肌が乾燥しやすくなっているので、保湿は入念にする必要があります。

 

日焼けも脱毛には絶対にNGです。
医療レーザーを行うクリニックでは、「このくらいなら大丈夫かな」という程度の軽い日焼けでも脱毛を断るケースもあります。

 

電気針による脱毛の場合は、黒い色素に反応するレーザーとは違うので日焼けしても脱毛そのものには問題はないのですが、日焼けは紫外線によって肌が火傷したわけです。
そんな肌に熱を与えて毛根組織を破壊する脱毛を行うのはやはり危険なので注意が必要です。

永久脱毛の効果や料金、メリット・デメリットなどについては以下でも説明しています。
永久脱毛の効果・料金相場・デメリット 光脱毛じゃダメ?
光脱毛との違いや、永久脱毛を行えるクリニックなどの紹介も行っています。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.