> >

脱毛クリームには永久脱毛の効果ナシ!脱毛クリームにできること、できないこと




女性にとって毎日の毛のお手入れは非常に煩わしいもの、「永久に毛が生えてこなければいいのに」と感じるのは当然です。
そんな女性の心をくすぐるように、あたかも永久脱毛ができるかのような、巧みな広告文句を謳う脱毛クリームも多い現状。
自宅で永久脱毛ができるとしたら、こんなにうれしいことはありませんよね。

まず断言させて頂きたいのは、残念ながら、脱毛クリームで永久脱毛はできない、ということ。
永久脱毛が可能なのは、クリニックで行うレーザー脱毛、ニードル脱毛だけ、と、考えてください。
本当に永久脱毛をしたいなら、医療クリニックに通い続けるより他、ありません。

 

そもそも脱毛クリームの特徴って、何?

では、市販の脱毛クリームは、どんな時に使用するものなのか。
永久脱毛は、毛周期にそって繰り返し施術を受ける必要があり、一定の時間がかかるもの。脱毛途中に、自分で一時的な処理を行いたい時には有効です。
クリームを塗って5分~10分程度置き、洗い流すだけで、ケアができるため、非常に手軽。
カミソリで処理をすると、処理した後に黒いぶつぶつ、ざらざら手触りが気になります。
毛を溶かして処理するメカニズムの脱毛クリームでは、毛先が丸くなるので、そんな心配がありません。
アルカリ剤を皮膚に塗るので、少なからずお肌に負担はかかりますが、多少の刺激はどんな自己処理でも同じこと。
処理をした後に、保湿をしたり、頻繁なケアを避けたりすることにより、お肌への影響を最小限に留める努力が必要になります。

 

抑毛効果が期待できる製品も

また、「脱毛クリーム」の名で発売されていても、大豆イソフラボンやヒオウギエキス、「抑毛」に効果が期待できるとされている成分を含む商品も。
毛の伸びるスピードを抑制できれば、処理頻度の軽減、肌ダメージリスクのブロックにつながります。
「肌ダメージが心配だけど、永久脱毛が終わるまで毛のある状態なんてイヤ」という方は、抑毛成分を含む脱毛クリームの使用を検討してみてもいいでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.