> >

永久脱毛は針を刺す!?ニードル脱毛の種類とメリット・デメリット




長い目で見てサロン脱毛より効果もある脱毛方法が永久脱毛です。しかも永久脱毛は基本的に針を使うので、針が嫌いな人にとっては難しい施術方法になります。

 

永久脱毛は2種類

永久脱毛は針を使うものが有名ですが、それ以外にもレーザーによる永久脱毛が可能です。

どちらも永久脱毛ということで目的は同じですが、部位によって使い分けると効率的に脱毛を進めることが出来ます。

例えばレーザー脱毛なら、一気に広い範囲の施術が出来るので腕や脚など広い面積を脱毛する場合に効果的です。

一方で肝心の針脱毛は、毛根1つ1つ針を刺し、電気を流して毛根を刺激し、脱毛をするという方法です。細かい毛根1つ1つに針を刺さなけれいけないため、施術範囲の狭いワキやデリケートゾーンに利用するといいでしょう。

 

針脱毛の種類

針による永久脱毛も1種類だけでなく、3種類ほど存在します。

直流針脱毛

毛根に刺した針に直接、電流を流すという施術方法です。
通電時間が長く痛みも伴うことから現在は行われていません。

 

高周波針脱毛

針に高周波を流して行う脱毛方法。
直流針脱毛より脱毛時間が短くなるというメリットがあります。

 

絶縁針脱毛

針の皮膚に接する部分を絶縁物質でコーティングしているため、痛みやヤケドなどのトラブルがほとんど起こらない方法です。
現在はこれが一般的な針による永久脱毛の1つとなっています。

 

針脱毛のメリット

針による永久脱毛は、毛根を直接刺激できる脱毛方法であるため効果が高いというメリットがあります。1本1本、確実に脱毛できる上、日焼けしている箇所でも脱毛が可能です。

レーザー脱毛では、日焼けや色素沈着をしている箇所など施術を避けなければいけませんが、針脱毛にはそのような制限が無いので融通の効く脱毛方法でもありますね。

 

針脱毛のデメリット

その反面、毛穴1つ1つに針を刺す故、施術時間も長い時間かかります。また針を刺すというより、刺したはりに電流を流す際に痛みを感じることが多いようです。

また高い効果が期待できる脱毛方法なので施術料もレーザー脱毛に比べると高価になっています。

サロンによってはレーザー脱毛がキャンペーンなどとして無料で受けられる場合もありますが、針脱毛の場合は最初からお金がかかります。

仮にも肌に針を刺すわけなので、炎症止めの処方箋をもらったりなど、脱毛だけでは終わらないという面倒さもあるというデメリットも存在します。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 永久脱毛

Comments are closed.