> >

11年前にTBCでワキの永久脱毛を受けた現在の肌の写真



2003年9月から2005年12月までTBCのワキ永久脱毛受けたました。その体験談と現在のわたしの脱毛カ所のお肌の様子を写真付きで公開します。

果たして、永久脱毛は効果があったのか?まったく意味がなかったのか?

料金は?痛みは?勧誘は?サロンの雰囲気は?

気になる方は最後までお読みくださいね。

永久脱毛をしようと思ったきっかけ

中学生の頃からワキのムダ毛に悩まされていました。

夏の水泳の時期は特に嫌でムダ毛処理も手におえないくらい毛深かったので、処理に苦労する姿を母親が見かねて「近所の個人エステサロンに行って来たら?」と勧められ、ワックス脱毛をしたこともありました。

ワックス脱毛をすればずっと生えてこないわけではなかったので「ワックス脱毛だったらその場限りでまた毛が生えてくるけど、永久脱毛だったらもう生えてこないのだったらやりたい!」と思って近所のエステサロン数店に電話し、どのくらいの料金でできるものなのか尋ねました。

当時中学生の私に、店員さんは「まだ働いてないんでしょ?永久脱毛っていうのは高い料金がかかるので、就職されてご自分で支払えるようになってから検討されるといいと思いますよ。その時は、効果がなかったり法外な料金を取るお店もありますからお店選びは慎重になさってくださいね。」と、いかにも相手にされませんでした。

その頃から、「自分が就職したら絶対永久脱毛をしてやる!!」と決意していました。

就職し数年経ったある時、クレジットカード会社からのダイレクトメールでTBCの「ぬきサルキャンペーン」というチラシが送られてきました。現在生えている両脇のムダ毛をすべて無料で永久脱毛してくれるといった内容のものでした。TBCならCMでしっかりした会社のイメージがあったので、無料ということもあってまずそのキャンペーンを利用することにしました。


TBC サロンの雰囲気

最寄りのサロンはビルのテナントとして入居しているこじんまりとしたTBCでした。

初めて行く大手のエステサロンにドキドキしながらドアを開けるとカウンターと待合所がいきなりあって待っている人が一同にこちらをジロッと見ました。

もっとプライバシーに配慮してある空間かと思っていたのでまず驚きました。脱毛だけでなく、痩身やフェイシャルなど色々な悩みを抱えたお客さんの集まる所なのにこんなにオープンになっているとは・・・。

入口のドアもエレベーターの真ん前で一般の方たちの目のある中、TBCのドアを開けるのは勇気がいりました。

内装は高級そうなクリニックという印象で雑誌が用意されている待合所と支払いカウンターがありました。


TBC脱毛のカウンセリング

カウンセリングスペースで個別に悩みや施術内容の説明を受けます。

1人に対して担当者1人がつく形ですが、熟練の担当者がついてくれたので安心できました。その担当者もワキの脱毛を何年も前にしたけど、現在もこんな状態ですと見せてくれたのが、施術後の姿を想像しやすかったです。

それまで永久脱毛について、1回で処理が済むと思っていたのですが、話を聞けば聞くほどもっと長いスパンで付き合うことなのだと実感しました。

「今生えて見えている毛は全体の毛の数%であって毛の生え変わりのサイクルでまだ見えていない毛も潜んでいるので、だいたい2年くらいかけて処理される方がほとんどです。」と言われ、そんなに通う必要があるなんてと愕然としました。

結局、自分にとって永久脱毛は夢だったので、無料キャンペーンの施術後、見積もりを出してもらって本コースを契約しました。(料金については後述)



脱毛施術中の雰囲気

ゴムの入ったバスタオルに着替えて個室で施術を受けます。部屋はブースで仕切られた個室といった感じで隣の部屋の声が聞こえました。

予約の時点で毛の処理をせず長く伸ばした状態で来てくださいと言われていたので、ワキはボーボーの状態です。施術台に乗って腕を上げた状態でスタッフに見てもらうときはとても恥ずかしかったです。

私の場合、毛量が多いのでスタッフは驚いた様子を隠し切れなかったようです。「この量ですと今日1日では処理しきれないので何回かに分けて無料キャンペーンを適用させてもらいます。」と言われました。

施術は細い針を毛穴に1本ずつ刺して電気を流して毛根を破壊する方法でした。1本抜くだけで数秒必要でした。また慣れない内は声が出そうな痛みのキツさでした。

でも何回も施術を受けている内に疲れた日は眠ってしまったこともあるので、体調によっては痛みに対して慣れるものだなと思います。

施術が終わると、冷やしたおしぼりやローションパックでほてった施術部位をクールダウンしてくれます。


施術に関係のない用品などの勧誘

もともとお金がかかるエステで余計な物にお金は使いたくなかったので、施術に関係のない用品などの勧誘は強い気持ちをもって極力断ることを念頭においていました。

施術の最中にも色々と何気なくおすすめされてきましたが、「できるだけ費用をかけたくないので。」の一点張りで乗り切りました。

それでもどうしても断れなくて、ケアに必要ですからと説得されて買わされたものがあります。通いだして最初の方で、脱毛後のホームケアで必要なセットとしてローション(¥6300)とパックシート(16枚分¥8400)など合計8万円分)を購入する必要がありました。

パックシートは高価なので、できるだけ費用をかけたくなかったので通常使う大きさの半分にちぎってケアしていました。その分買うサイクルも長く済み節約につながったと思います。

あと、これは後悔しているのですが、美顔器「フェイスリフレッシャー2」は施術部位のお肌にホームケアとして必要ですからと言われ、通いだして後半に買わされたのですがそのお値段なんと6万円。

普通の感覚でしたら決して買わない品物ですが、エステという高い買い物中は金銭感覚がマヒしてしまったのか、これだけはどれだけ言っても断れないこともあって買う羽目になりました。実際はほとんど使用していません。

勧誘に関してはスタッフにノルマがあるように思うのですが、私は手強い客だったと思います。


TBC 支払いシステム

金銭感覚をなくさせるためだと思うのですが、100円で1点という点の単位を使って支払いしていました。まず1000点分(10万円)のクーポン券を購入し、施術の都度クーポン券を切り離して必要点数をカウンターで支払うシステムでした。たまに1000円分のプレミアムチケット付のクーポンを販売することもあったのでそのタイミングを上手に使って購入していました。
DSC_0328
DSC_0329


TBC脱毛料金・回数

両ワキの永久脱毛の見積もりを取った結果、100%の処理で140万円、80%で80万円とのことでした。

100%の処理だとお肌はうぶ毛もなくツルツルの状態で、80%だと細い毛が数本残るもののパッと見た感じは毛は目立たなくて十分処理の効果がある状態とのことでした。費用面でも悩み私は80%の処理で進めることにしました。

通った期間も2年3か月の間に19回通い、最初から1年5か月間は1か月に1回90分の施術をし、残りの期間は数か月に1回30分の施術でした。

仕事をしていたので土日祝日しか通えなかったですが予約は毎回希望の日時で取れたので苦労しませんでした。

料金は1分あたり600円の時間制で、施術中にタイマーで計測されます。よく考えると1秒10円ですからその高価さがわかります。

ちなみにお腹周りの見積もりもしたところ、80%で60万円とのことで、ワキ並には悩んでいなかったため断念しました。


TBCの脱毛効果について

写真をご覧になればお分かりになると思いますが、11年経過した今でも施術終了時の状態を維持しています。細い毛が数本残っていますが気になりません。

カウンセリングで「脱毛後は毛に流れていた栄養分がお肌に流れるようになるのでこれまでよりもお肌がきれいになりますよ。」と言われていたのですが、自己処理の黒ズミは今になっても消えていません。

それでも以前よりノースリーブも抵抗なく着られるようになりました。現在は子育て中ですが、ワキのムダ毛処理を気にすることもなく生活できているので、あの時にやっておいて良かったなと満足しています。

もっと言えば、費用さえあれば高校生の時にでも通っておいても良かったくらいの効果です。自分が親になった今、将来娘が同じように悩む頃には早めに勧めてあげようと思っています。

DSC_0335

DSC_0334


脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

Comments are closed.