> >

敏感肌・アトピー肌のムダ毛ケアに永久脱毛をオススメできない理由




敏感肌さんが永久脱毛するなら、ちょっと気をつけた方が良いかもしれません。
アトピー肌さんにも同じことが言えます。

 

永久脱毛(ニードル)はとても刺激が強い!

ニードル脱毛で行う永久脱毛は、毛穴に細い針を入れて電気を流すという方法で脱毛します。即効性はあるのですが、腫れや赤みが出やすく、敏感肌さんにはオススメできません。

 

敏感肌さんは永久脱毛を受けるのは諦めるべき?

結論を言うとムダ毛の自己処理を日常的に行っているなら脱毛した方が良いです。
なぜなら、か弱い肌にカミソリを当てる回数をなるべく減らした方が肌の負担が減るからです。

部位によると思いますが、脱毛をしていない肌にカミソリやシェーバーを当てるのは1週間に1回から2・3日に1回だと思います。毎日処理する部位もあるかもしれません。
この自己処理の回数を減らすことで肌トラブルが改善に向うこともあるんです。
アトピー肌さんも同じです。
強い刺激になる刃物をあてる回数はできるだけ少ない方が良いんです。


敏感肌でも脱毛できる?美容外科での医療レーザー脱毛なら怖くない!

オススメは美容外科や美容皮膚科でのレーザー脱毛です。というのは、美容外科や美容皮膚科は医療機関であり、万が一のトラブルの際にも迅速な処置を行うことができるからです。
さらに、高出力ではなく、低出力で施術を行ってもらえるのであれば、なおベスト。

 

医療機関での脱毛なら敏感肌でも安心!

それではここで、敏感肌でも脱毛を行える美容外科の、専門医による脱毛のお話をご紹介しておくことにします。

 
「医療機関で行うレーザー脱毛では、敏感肌やアトピー性皮膚炎が悪化したという話はまず聞きません。それは、レーザーが放射線のように人体へ悪影響を及ぼすものであるとは考えにくいからです。また、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方の場合、ご自身でのお手入れでお肌がボロボロになってしまったとおっしゃって、助けを求めてくる方もいらっしゃいます。たとえば、カミソリで剃り続けていたところから皮膚が硬くなり、カサカサになってしまった、ワックスで脱毛したら皮膚ごとむけてしまい、痛々しい状態になってしまった、除毛クリームで炎症が起きた、などという例があります。

このような方々には、弱い出力でのレーザー脱毛をお勧めしています。そして施術後には、以前の状態よりも綺麗な皮膚の状態を取り戻している方が大半です。

ただし、特にアトピー性皮膚炎で出血や引っかき傷がある場合には、施術を行うことはできません。
そのようなときには、ひとまず皮膚の状態が落ち着いてから施術を行うことが原則です。
敏感肌やアトピー性皮膚炎のようなアレルギー肌の方は、いきなりエステティックサロンへ行ってしまうのではなく、美容皮膚で診断を受け、脱毛の施術を受けることが望ましいですね」

 

美容皮膚科が併設されているエステも

また、エステティックサロンであっても、美容皮膚科が併設されていることもあり、そのようなサロンでは、脱毛の前に特殊なローションでお肌を保護し、さらに出力の弱いレーザーの照射で脱毛を行っています。これにより、レーザーの痛みが軽減されるばかりか、お肌をしっかりと保湿してくれるため、敏感肌の方でも安心して脱毛の施術を受けることができるのだそうです。

家庭用脱毛器での処理はどうなの?

敏感肌さん、アトピー肌さんには家庭用脱毛器はおすすめできません。
家庭用の光脱毛器もあるのですが、光が強すぎると肌への刺激が強くなり、症状が悪化することもあります。
逆に、光が弱すぎると何回フラッシュを当ててもムダ毛が抜けないという悲しい結果になります。

 

家庭でできる除毛法はダメ?

脱毛クリームや電気式の脱毛器でムダ毛を処理すれば、刃物を肌にあてる回数は減ります。
しかし、たんぱく質を溶かしてムダ毛を処理する除毛クリームは、とっても刺激が強いものです。
敏感肌じゃない人でも指定の時間より長くクリームを肌にのせていたら、ヒリヒリして赤みが出ます。

電気脱毛器は、毛穴から無理やりムダ毛を引っこ抜くというとんでもない方法でムダ毛を処理します。
肌に優しいわけないですよね。

クリニックのレーザー脱毛でムダ毛を綺麗にして、肌ストレスの少ない生活を楽しみましょうね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 永久脱毛

Comments are closed.