> >

永久脱毛「ニードル脱毛」人気が下火になった理由とニードルの良い点




ニードル脱毛という脱毛法を聞いたことがありますか?
ニードル脱毛(針脱毛)は永久脱毛のひとつで、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛の人気が高まる前に行われていた脱毛法でした。

 

現在一番人気が高いのはエステのフラッシュ脱毛

今もっとも手軽にできる脱毛といえば、エステサロンのフラッシュ脱毛です。
クリニックの医療レーザーよりも安価で脱毛できて、病院やクリニックには無い気軽さや、女性に嬉しいアメニティルームなどが整っているのも人気の理由のようです。
費用面を考えるとフラッシュ脱毛がイチバン人気ですが、残念ながらフラッシュ脱毛は永久脱毛ではありません。

 

医療レーザー脱毛も根強い人気

医療レーザー脱毛は現在も全国で行われている脱毛法です。
脱毛したい部位にレーザーを当てることで毛母細胞を破壊し、ムダ毛が生えないようにします。
レーザー脱毛も永久脱毛ですが、医療レーザー脱毛の難点はいくつかあります。

まずは1回の施術に時間がかかること。
レーザーの照射範囲は1cm四方ととても狭いです。そのため、広範囲を脱毛すると、とても時間がかかります。
時間がかかる分だけ、費用もかかります。
医療機関で脱毛しても保険適用ではありません。

 

ニードル脱毛の人気が下火になった理由

ともと永久脱毛と言えば絶縁針脱毛(ニードル脱毛)のことでした。
この脱毛方法は、毛穴に細い針を刺して微弱な電流及び高周波を流すことで毛の生える組織である毛包を破壊します。

 
この方法で脱毛できるようになったのが1960年くらいなので、歴史としては50年くらいでしょうか。長い間、永久脱毛ができる唯一の方法だったんです。

ではなぜニードル脱毛は流行らなくなったのでしょうか?

 

想像するのも怖い!毛穴に針を刺すニードル脱毛の痛み

ニードル脱毛は、毛穴に細い針を刺して微弱電流を流します。熱によってムダ毛をやっつけるのです。
毛穴に針をプスッと刺すのですから当然痛いです。
ニードル脱毛が廃れてしまったイチバンの原因はこの痛みにあると言えます。

 

果てしない時間がかかる・・・

毛穴ひとつひとつに針を刺すニードル脱毛は、とてつもない時間がかかります。
とてもじゃないですが、広範囲の脱毛には適していないです。

 

時間の分だけ費用がかかる

とてつもない時間がかかるニードル脱毛ですので、費用もかさみます。ニードル脱毛の痛みが耐えられない人には、医療機関で麻酔処置を受けることもできますが、毛穴のひとつひとつに針を通すわけですから、途方も無い時間がかかるのは避けられません。
 
また、この方法の脱毛施術を行うためには専門に資格が必要になります。
そのため、施術する側もスタッフの育成に時間がかかるなどの負担もあるわけです。

なぜ今でもニードル脱毛を選ぶ人がいるの?

現在のように、光脱毛やレーザー脱毛が進化しているのにニードル脱毛を選ぶ人がいるのは、この脱毛方法の効果が認められているからです。

 
手足や背中など、広い部分の脱毛や細く薄いムダ毛処理なら光脱毛でも充分でしょうが、ワキやビキニラインのムダ毛のように、濃くて太いところの脱毛にはニードル脱毛の方が確実に続くというメリットがあるわけです。
ニードル脱毛で火傷をした人がいるとか、肌が荒れて治療が必要になってしまったなど、50年の長い歴史の中には問題も色々あったようです。

 
現在では、安全性がより高くなり、痛みが軽減できる針も開発されているので、ニードル脱毛の魅力が再確認されるようになっています。

あと、たとえばこんなとき・・・

・フラッシュ脱毛やレーザー脱毛卒業後、数本だけ生えてきたムダ毛を確実にやっつけたい
・ビキニラインやワキなど、絶対に生えてきて欲しくない部位を確実に脱毛したい

 
痛みや費用の面でフラッシュ脱毛に取って代わられたニードル脱毛ですが、適切に利用すれば、ニードル脱毛ででしかできない効果を発揮してくれます。
永久脱毛ができるのも嬉しいですよね!

 

ニードル脱毛体験者の声

参考までに、ニードル脱毛でワキのムダ毛を処理した人のケースです。
15年前の話ですが、両わきの脱毛に4年ほど費やし、費用は約80万円ほどかかったそうです。
かなり毛深かったということなので、時間も長く、費用もかなり高いですね。
しかし、15年経ってもムダ毛の処理は全く必要ないそうですから、永久脱毛としてはやはり確実なようです。

 
肌が弱い人や、痛みに弱い人など、ニードル脱毛が受けられない場合もありますが、イチバン面倒なワキのムダ毛の永久脱毛を検討するのなら、候補として検討してみるのもいいでしょう。


ニードル脱毛はやっぱりクリニック?

確実性の高い脱毛法がいい、と考えたらやはりニードル脱毛を選ぶことになります。

そしてニードル脱毛は毛穴に針を刺し、電気を流して発毛組織を破壊する脱毛なわけですから、やはりクリニックで行なったほうが安心だと考える方も多いでしょう。

とはいえ、ニードル脱毛をメニューに入れているクリニックは、決して多くはありません。最適なサロンをみつけるよりも、クリニック探しのほうが困難な場合もあります。

それは、レーザー脱毛の確実性が上がっていること、また技術者の確保にコストがかかる、といったことが理由として挙げられます。

肌に針を刺す方法であり、さらに費用も時間も他の施術に比べてかかります。ですから多少、苦労しても最適なクリニックを探したいと考える方は多いです。

一番のポイントとしていえるのは、協会による認定脱毛士が、そのクリニックにいるかどうか、ということです。


脱毛クリニック選びのポイント


脱毛クリニック選びのポイント1 施設の雰囲気・清潔感

個人的に一番重要だと考えているのが、施設やスタッフの方の雰囲気と清潔感。

せっかくキレイになるために、クリニックに通っているのに、施設にいる時間が不快なようでは、脱毛がつらくなるとは思いませんか?

とくに、セットのコースの申し込みをすると、1年や2年といった長い期間のお付き合いになります。

「価格が安いから」「家から近いから」と、無理をして、自分とは相性が悪い脱毛クリニックに決めてしまうと、脱毛に行くのが嫌になって続きません。

結果、コースの途中で挫折、お金がムダになってしまうリスクも。

自分との相性だけは、他の人の口コミや評価だけでは、判断が難しいところです。最初のカウンセリングの時に、自分のお肌を安心して任せることができそうか?

通うのはつらくならないか?きちんと判断して頂ければと思います。


脱毛クリニック選びのポイント2 価格表示の明確さ

脱毛には、セット価格やオプションなど、総額を引き上げてしまう要素が多々あります。
サイトに書かれていた金額の数倍のお金がかかった、なんて話しもさらにあるもの。

トラブルを未然に防ぐために、明確な価格表示をしてくれるクリニック、施術の前に、総額でいくらになるのか、きちんと案内をしてくれるクリニックを選択するのがオススメです。

不安な方は、カウンセリングの前に、クリニックに電話をして「実際にはいくらかかるのか?」確認しておくといいでしょう。

ここで、答えを濁すようなクリニックは避けた方が無難です。


脱毛クリニック選びのポイント3 アフターケアの説明

どんなに気をつけていても、脱毛の施術を受けた後に、お肌にトラブルが生じることもあります。

医療機関で脱毛する最大のメリットは、何かあった時でも、同じ施設ですぐに対処をしてもらえるところ。

そのメリットを十分に享受できるよう、アフターケアの体制が整っているクリニックを選択してください。

具体的には、サイトにトラブルへの対処法が掲載されているところ、カウンセリングの時に、万が一のことがあったときの窓口を、教えてくれる施設を選ぶといいと思います。

トラブルへの対処が遅れると、傷跡が残ってしまったり、ダメージが強く出たりなどなど、マイナスのことばかり。

リスク回避の意味も込めて、安心して施術を受けることができるクリニックにお願いすることをオススメします。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 永久脱毛

Comments are closed.