> >

永久脱毛の定義とメリット・デメリット…脱毛と減毛、抑毛はどう違う?



わき脱毛
今、むだ毛の処理をする際に自己処理をすると肌荒れや黒ずみなどのトラブルが多くなるという理由で脱毛サロンでの処理がおすすめされています。

既に脱毛サロンでの施術でむだ毛の悩みから開放された!という人もいることでしょう。

 

脱毛?それとも抑毛?減毛?

よく脱毛サロンで脱毛したという表現がありますが、実は「抑毛」や「減毛」という表現になるのを知っていましたか?

脱毛ではないの?と驚いてしまうかもしれませんが、定義的には違います。

一般的に脱毛といわれているのは電気針で行う脱毛になります。
電気針だと毛穴に細い針を差し込んで電気を流しすのです。
この電気の影響で毛根にも届き、生えてこなくなります。

 

永久脱毛の定義

電気の針で行う脱毛はいわゆる永久脱毛の扱いになり、1年ほど通うことでしっかりとした効果を得ることが出来るのです。

永久脱毛の定義は脱毛が完了して1ヶ月した時点で20%以下の再生の場合なら永久脱毛という範囲になります。

つまり永久脱毛といっても完全にツルツルになれるわけではないのを知っておきましょう。

 

電気の針で行う脱毛のデメリット

ただデメリットとしては1本1本針を通して電気をかけるという手間を考えるとものすごく時間がかかりますよね。
そしてものすごく痛く感じます。

電気だから当然なのですが、ピリっとした痛みが延々と何回も続くということになるので結構つらいです。

なのでかなり耐えつつ脱毛をするという感じですね。
エステではTBCでも取り扱っています。

 

実際には減毛・抑毛にあたる光脱毛

一方、美容光脱毛という扱いの脱毛サロンの機器を使った脱毛方法は脱毛という定義ではありません。
生えてくる毛の量を減らしたり細くする、そして生えてくるスピードを遅くするということで「減毛」や「抑毛」という表現が正しいともいえるでしょう。

毛が太くて量があるという人にとっては数回、照射することで量も毛の太さも確実に変わってきます。

なので光脱毛の場合、例えば細くて産毛状態で毛の色も黒ではなく薄い色という場合、効き目がないと感じるかもしれません。
光自体は色が濃いものに対して影響があるので色が濃くないと当然、思ったような効果が出ないということになります。

ただ、10回以上照射して満足がいく位になったという人も多いので、電気脱毛に比べると苦痛は少ないという事になりますよね。

 

毛の生える確率はゼロではない永久脱毛

あと、先ほど永久脱毛の定義でもお話したように、終了後1ヶ月で20%以下という定義になります。
なので一旦、脱毛処理、減毛処理をしてキレイになった!という状況でも体質の変化や年数の経過によってまたうっすらと生えてきてしまうという人もいるようです。
参考に覚えておいてください。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 永久脱毛

Comments are closed.