> > >

センスエピ写真付き体験レビュー 脱毛開始~終了までの経過をレポート



家庭用脱毛器センスエピを買っちゃいました。せっかくなので脱毛開始~脱毛を終了するまでの過程を写真付きで公開していこうと思います。興味がある方は是非、参考にしてくださいね!
センスエピ写真付き体験レビュー



ムダ毛。世の多くの女性を苦しめているモノ。ムダ毛との闘いの歴史って、長いですよね。

「永久にムダ毛とオサラバしたい!」と強く願っても、お金がかかる、エステいく余裕ない、お肌が弱い、毛深くて恥ずかしいetc、いろんな理由でムダ毛から目を背けていませんか?

でもホント、ムダ毛なくしたら、パラダイスです。例えば・・・

理由1.ノースリーブ、背中開き服、生足の服が着られる♪
⇒ファッションの制限がなくなるので、買う服が限られることもなくなります。
理由2.人前で素肌をさらしても、恥ずかしくない♪
⇒ムダ毛を自己流で処理していると、お肌は当然傷んできます。カユミ、ザラつき、剃り残し、チクチク、乾燥、切り傷・・・。でも脱毛が安全に完了できれば、これらの肌ダメージが避けられます。
理由3.時間の節約になる♪
⇒ムダ毛処理はけっこう時間を取ります。しかも強力なムダ毛は、剃っても抜いても焼切っても、すぐ再生します。だから、めんどくさい。時間がもったいないです。
理由4.恋愛に積極的になれる♪
⇒触ってジョリジョリしない、ムダ毛のないキレイなお肌は、恋愛に効果的。自分の素肌に自信が持てたら、今よりもっと、異性に対して積極的になれるハズ。

自宅で定期的にセンスエピで脱毛していけば、安全かつ低料金で、全身ツルスベ肌が手に入る?のですから、迷っている方は検討する価値があります。

センスエピは、今までの家庭用脱毛器のマイナスポイントを研究し、効率よく脱毛ができる画期的な光脱毛器。サイズも軽さも使いやすさも、全般アップしてます。価格もスリム化してます。

では、センスエピがどんな脱毛器なのか、みていきましょう♪

センスエピが我が家に到着!

【到着時】
センスエピが我が家に到着!

開けると、こんな感じ。
センスエピ開封
ピンクの可愛い脱毛器です。電話型っぽい。
赤い部分が、ハンドピース。これを使って脱毛します。
文字盤はコントロールパネルです。
センスエピハンドピース
↑上の○部分に肌色センサーがついています。

これでお肌の明るさを見極めます。⇒安全性アップ!

お肌に照射が適さないと判断したら、照射されないので安心♪(この部分は照射するときにしっかりお肌に当てましょう。)

動画解説DVD付。
動画解説DVD
これ、すごく分かりやすいです!
事前に観ておくととってもわかりやすいです。冊子の説明書には書かれていない注意事項やコツなども解説してあります。必見。
おもにセンスエピ脱毛が適している場所は、この4か所。
センスエピ脱毛が適している場所
時短であっという間に終わります。ピースもとっても軽い!昔の脱毛器って巨大で重かったのですが、かなり進化してるなぁと感じます。


センスエピの特長&注意点

◆広範囲照射なので、1回の脱毛処理にかかる時間が超短縮されます。
◆センスエピは、光(フラッシュ)脱毛方式。黒い毛のみに反応し、白髪には反応しません。
◆褐色のお肌には使用NGです。日焼け・タンニングしたお肌には適しません。
◆お肌にダメージを与えない脱毛方式。痛みは極力少なく、安全設計です。使用方法さえ守れば、お肌を傷めることはありません。
◆ホクロ・アザ・ケガ・肌荒れの部位への照射は避けましょう。
◆首まわりは念のため、避けるようにしましょう。
◆定期的に脱毛処理します(脱毛ペースは別記載しました)

センスエピの構造

センスエピは、大きく分けて「本体」と「ハンドピース」になります。
「本体」と「ハンドピース」
ほんとに電話のカタチ。

電源ON。オレンジのボタンが光ります。
電源ON
初期設定は、「-/+」の照射強度は最低レベルになっています。

ハンドピースには光源である、大きな照射ボタンがついています。
ハンドピース照射ボタン

コントロールパネルボタン
センスエピコントロールパネルボタン

1.電源
2.照射可能ボタン
3.エネルギーレベル設定ボタン「+」「-」
4.ランプカートリッジ交換ボタン
5.肌色センサー表示ライト/機器の不具合を知らせる

※センスエピは、洗面所やお風呂、キッチンなどの水まわりでは使わないようにしましょう(感電の恐れあり)。


家庭用脱毛器センスエピの使い方

まず、コンセント電源を差し込み、パネル右端の電源ボタンをON(オレンジ点灯)。

最初の50ショット=レベル1に固定されています。
そのあとは、レベルを自由に変更OKです。
自分のレベルに適した強さで使うと、効率よく脱毛できます。
センスエピの使い方
とりあえず、レベル1でひととおり全身のムダ毛を処理したあと、ホテリやカユミなど問題がなければ、レベルを上げていきます。

お肌は清潔にして、事前にクリームなどを塗らないようにします。

お肌は乾いた状態で脱毛しましょう。

ハンドピースを握ると、人差し指の位置に自動的に照射ボタンが触れます。ボタンがすごく軽く、少し押すだけで照射されます。

指が疲れずに済みますが、「うっかり押し」をしてしまうことがあります。

安全機能でお肌にフラッシュ面が触れていないと照射しませんので大丈夫ですが、至近距離で見ていて「うっかり照射」すると、光がすっごくまぶしいです。

直接目に光を当てないよう、サングラスをかける、目をつぶる、顔を少しそらすなどまぶしくないように工夫しましょう。

カメラのフラッシュのようなイエローライトです。私も何度か目に光を浴びたのですが、ほんとにカメラのフラッシュを間近で浴びたような眩しさを感じました。

特になんともありませんが、目には良いはずはないでしょうから、できるだけ気を付けましょう。

重複しないように照射していきます。

フラッシュ面のまわりには枠の突起があります。これをお肌に押し付けることで、跡が付き、どこまで脱毛したかが分かります。

一周照射しおわったら、異常がないかお肌を確認します。

照射面はこのようになっています。
照射面
黄色の枠内および、左の小さな枠がお肌にきっちり触れていないと作動しません。

センスエピは基本、腕、足、ワキ、Vラインなどの脱毛に適しています。曲面のある狭い部位には適さないことがあります。

なぜなら、安全機能でお肌にフラッシュ面が触れていないと、センスエピが作動しないからです。

たとえば足指などはかなり曲面になるので、反応させるのが難しいですね。うまく工夫して平面にすれば、照射可能かと思います。

いざセンスエピで脱毛開始します!

脱毛ペースは、最初は2週間おきに。

その後は、1ヶ月おきに気になったときに随時おこないます。

手帳にメモして管理しましょう。
手帳にメモして管理
ちなみに、ランプカートリッジは使い捨てです。

1カートリジにつき、ショット数が決まっています。

交換時期が近くなると、パネルに表示されるので、早めに次のカートリッジを予備購入しておきましょう。

脱毛前にムダ毛をカット!

ムダ毛は、短くカットするか剃るかすることで、肌ダメージをできるだけ軽減します。

とくにVラインは、毛を刈り込んでから脱毛するとGOOD。

毛の根本に近いところに光を照射することで、毛根にしっかり働きかけることができます。

以前は光脱毛というと、「輪ゴムでパチンと弾かれるような痛み」と表現されることが多かったようですが、今は照射レベルも自分でチェンジできますので、痛みはそれぞれ。私はこのセンスエピでは、レベル2がちょうど良かったです。(※ちなみに私の肌データは、黄味がかった色白寄り。普段の肌状態は乾燥寄り、皮膚は薄めです)

毛先がちょっと焦げて丸くなり、少し焦げ臭いニオイがするくらいが一番効率よく脱毛できるように思います。

ただし、「早く脱毛を終えてしまいたい!」といきなり強いレベルに上げてしまうと、熱による乾燥で処置後、一歩遅れてカユミ・乾燥・ほてりが来ることがあるので、まずは全身一周するまではレベル1でやってみるのがオススメかも?

また、「レベル1だから大丈夫」と、お肌が冷えてからもう1周やってしまいがちですが、これもNG。その日は大丈夫でも、数日後にカユミが来ることもあります(私は特に乾燥肌なので余計にかも?)。

皮膚にただれやニキビ跡、ケガ・手術跡などのある部位は、うまく避けましょう。

無精さんには、断然家庭用脱毛器がいいです。なぜなら・・・
断然家庭用脱毛器がいい
いくらいろんな脱毛アイテムを駆使しても、絶対に何度もムダ毛は生えてくるものなんです。

「完璧に脱毛済!」と思っていても、1年後に「え?また生えてきた!?」ということになります。

「せっかくエステでお金かけて脱毛したのに、もうチケット期限切れてるし!」

そうなんです。エステでは、また生えてきた時のために再脱毛チケットなるものが用意されていることが多いです。でも、数年後まで面倒みてくれるとことって少ないです。

ムダ毛の中には、異常に生命力が強いものもあります。

毛根が死滅しきれずに、毛は何度でも再生されるのです。

だからこそ、「あ!また生えてる・・・」と落ち込まず、「ムダ毛ってこういうモノだよね」とおうちでその都度脱毛してあげるのがいいのです。
ue-sen15
センスエピを1台、おうちに置いておくだけで、いきなり明日水着になる機会があろうが、生脚を見せる機会があろうが、焦ることはありません♪

次回は2週間後の脱毛の時にご報告しますね!



センスエピ 脱毛2回目レポ(2週間後)

初めての脱毛から2週間後、2度目の脱毛を開始。
センスエピ2週間後
センスエピは、まずムダ毛は根元まで剃ってから照射するのが基本です。

ただ、皮膚の薄い方やカブレやすい方は深剃り・逆剃りはやめて、ムダ毛の根元は残し気味にして脱毛するといいと思います。カミソリ負けしたお肌に照射してしまうと、あとあとカユミなどが起きることがあります。

センスエピは黒い部分に反応します。少しムダ毛の毛根が残るくらいの剃り方でちょうどいいと思います。少し毛の焦げるニオイはしますが、それは光脱毛の宿命です(笑)家族から苦情は出るでしょうが、ものともせず脱毛をがんばりましょう。

今回も、照射レベル1から始めて、途中で2に上げました。もっと慣れてきて、肌トラブルが皆無であれば、レベル3にまで上げてみようと思っています。

もともとお肌にトラブルを抱えている(アレルギー肌)ので、
掻き痕や掻き傷は避ける
掻き痕や掻き傷は避けるようにしました。そもそも、掻き傷痕にはムダ毛はあまり生えませんので、問題ないかな、と思います。

今回は、1回目の照射でうまくいかなかったヒザ頭を重点的に脱毛。
ヒザ頭脱毛
ヒザ頭は曲面が多く、フラッシュ面をきっちりお肌に密着させなければ、安全機能が働いて照射できません。ヒザはできるだけ伸ばし気味にして、曲面をできるだけ減らした状態で、照射するとうまくセンスエピが反応します。
sensu-usu1
ワキ下脱毛にしてもそうです。ワキ下は、ちょっとしんどいですが、腕をしっかりと真上に上げ、皮膚を引っ張りながらできるだけ平面をつくります。その方がしっかりムダ毛に照射させることができます。

また、今回は指のムダ毛もチャレンジしてみました!

センスエピの長所は、照射面がこのように広いところ。
ue-sen2
ただ、それゆえに、狭い指などの曲面には反応させづらい弱点があります。でも、今回、五指をすべて揃えて平面を作ることで、指の毛にも照射させることができました。

センスエピ脱毛では、上の写真の黄色い部分(光照射面)および、その左の「肌センサー」、その両方をお肌にある程度密着させなければ反応しません。確かに広い面の脱毛(腕・脚・ワキ・Vゾーン・背中など)に向いてはいますが、コツをつかむと狭い範囲の曲面の脱毛も可能です。

なお、Vゾーン脱毛は、皮膚が薄いゆえにちょっと熱さを感じます。レベル1から始めた方がよさそうです。黒い部分に熱を帯びる仕様なので、Vゾーンは出来るだけ短く毛を刈り込むか、しっかり剃るようにした方がいいかもしれないですね。
また、皮膚が薄い部分だけに、人によっては肌ダメージが予想されます。光脱毛は、性質上、多少乾燥感を伴いますので、お肌にやさしい保湿剤を用意しておくといいと思います。

ちなみに、私はケアレケアを常備&愛用しています。脱毛系のカブレには、ケアレケアがよく効きました。人によると思いますが、万一のときはぜひお試しを。

なお、粘膜周辺への照射はNGです。首(甲状腺周辺)への照射も念のため、控えましょう。鼻下の産毛や首の後ろの後れ毛、モミアゲ部なども脱毛したい方は多いでしょうが、光が漏れる関係上、そして目へのまぶしさの軽減のためにも、控えた方がいいかもしれません。

基本、産毛には光脱毛はちょっと不向きです。ムダ毛が黒ければ黒いほど、よく脱毛できる仕組みです。ですので、「どうしても産毛を脱毛したい!」という方は、ちょっと照射レベルを上げての脱毛を試してみましょう。産毛が縮れるように照射できれば、毛根にも効くと思います。

さて、2周目の脱毛が終了しました。かなり全身の広範囲をやりましたが、時間はさほどかかっていません。TVを観ながら脱毛しました。ぬかりもあると思いますが、そういう箇所はムダ毛が後々残るでしょうから、おいおいのんびりと脱毛していこうと思います。



センスエピ 脱毛3回目レポ(4週間後)

さて、脱毛レポートも第3周目となりました。

じつは、2周目と3周目のあいだに、体調を崩したり、予定が入ってしまったりで脱毛周期がずれこんでしまったのですが、それが許されるのが、家庭用脱毛器。もし、エステ予約だったとしたら、予約日時の変更をサロンに伝えなくてはいけないので、こういう不測の事態に強い家庭脱毛は、ありがたい限りです。

今回もまた、照射し残した部分にムダ毛がはびこってきました。これらをやっつけなくてはならないので・・・
センスエピ脱毛3回目レポ
今回はそのまま照射してみました。すると、焦げて縮れる毛。快感、ヤミツキです。焦げて黒点になっているムダ毛を見ると、「ああ、効いてるな」と実感できますし、実際にムダ毛によく効いてくる感覚があります。

センスエピ脱毛のコツ!さらに効率よく脱毛するために

私が実際に使ってみて感じた、センスエピの高効率脱毛法を書いてみます。
センスエピの高効率脱毛法
まず、当然のことながら、光をできるだけ漏らさないようにします。部屋の中にフラッシュの光が拡散しているということは、「光エネルギーが肌にきっちり届いていない」ということになります。つまり、1ショット分ムダに使っていることになりますよね。しっかり隙間のないように、照射面をお肌に密着させましょう。

次に、照射したあと、しばらくお肌に密着させたままにする、というのも1つのコツです。センスエピを使うと、「パチッ!」というフラッシュ(光)の音のあとに「キュイーン♪」という機械音が鳴りますが、ここで「照射が終わった!」とばかりにすぐにお肌から離さないようにしましょう。

しばらくの間、照射面は熱を帯びています。この熱も、大事な脱毛パワーとなります。逃さずに有効活用しましょう。ちょっぴり時間のロスはありますが、脱毛効果は格段にアップしました(私の場合は)。

さて、センスエピ脱毛3周目となると、徐々に生えてくるムダ毛もヒョロヒョロになってきます。なんていうか、コシやハリがなくなってくる感じ。ムダ毛そのものの色も薄くなって色素が抜けてきます。

また、チクチク感もないです。なぜなら、毛先が丸く焼かれて、お肌を刺激しないため。カミソリで剃ってふたたび生えてきたときのカユミといったらもう・・・。私は二度と味わいたくないです。カユミで眠れないほどでしたし。

昔は、若い年齢だから掻き傷もキレイに治ってたんですが、この年齢でカミソリで剃ってたら、おそらく大変なことになります。チクチク感、埋没毛、乾燥感、かゆみ、色素沈着、赤み、ブツブツ。なにより色素沈着のアザは怖いです。25歳くらいからは急に代謝が落ちますので、カミソリ負けは厳禁。
senepi303
きちんと照射できているムダ毛については、本当に弱々しくなって、爪で抜けてしまうくらい、毛根が弱くなります。照射できていない箇所と比べると、一目瞭然です。毛根がしっかりしていると、抜くときに血が出るほど痛いです。

利き手ばかり使っていると・・・

私は右利きなので、どうしても左半身の脱毛がやりやすくて、そっちばかりに偏ってしまいます。結果、右半身ばかりに照射漏れが残るようになり、左半身の方がムダ毛が少なくなりつつあります。

使いにくい逆の利き手でも、左右しっかり平等に脱毛しましょう♪
senepi304
しっかり光照射できている皮膚面のムダ毛は、お風呂に入って軽く洗うたびに、少しずつ抜け落ちていきます。日々、ムダ毛が薄くなってくる感じが嬉しいです。「やっぱり勇気出して、センスエピ買ってよかった!」と思える瞬間です。


お部屋に人やペットがいる場合は注意!

光脱毛のフラッシュは、かなり遠くまで拡散します。広めの部屋で脱毛していても、部屋の四方の壁に反射するくらい光ります。もし、自分以外の人が一緒にいる場合はかなり眩しいので、できるだけ一人でこっそり脱毛するのがいいと思います。

また、ペットを飼われている方も要注意です。大きなペットはもちろん、魚や昆虫などを飼われている方も気を付けてくださいね。強い光で、可愛いペットがビックリしてしまうとかわいそうです。

センスエピ脱毛の音・ニオイ

脱毛器の音自体は、出力の一番低いミニドライヤーくらいだと思います。でも念のため、近くで人が寝ているときや、壁が薄い賃貸などでの深夜の脱毛は控えた方が無難です。

また、ムダ毛が焼けるニオイがしたとしても、煙が出ることはありません(※そんなに高温にはなりません。なったらヤケドものです)。火災報知器やガス漏れ探知機が反応するレベルではないので、ご安心を♪



脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ:

Comments are closed.