> > >

敏感肌「アトピー体質」の私がソイエ「ES2064P-A」を試してみた



利用機種:Panasonic ソイエ「ES2064P-A」

アトピー体質の敏感肌なため、できるだけ肌に負担の少ないものをと考えて選択。
利用年数はもう2~3年にはなりますがまだまだ現役です。
付属品は以下。

ソイエ「ES2064P-A」付属品

・脱毛器本体
・脱毛用アダプタ2種(足・腕用/ワキ用)
・充電用ケーブル
・充電用の台座
・収納用ポーチ

まずは下準備ですね。
このタイプは泡を使うため、必ずお風呂場で利用する必要があります。

敏感肌の方だけでなく、脱毛する所なんて誰にも見られたくない!という方にもおすすめです。

ちなみに脱毛前の私の足がこちら。

1soi2soi

お恥ずかしい程に育っています。
肌が弱いので出来るだけ抜かずに生活している事と、普段からズボン+むくみ対策ソックス着用生活のため、人目に晒す機会がないのでこれ幸いと放置状態です。

脱毛器の説明書によるとこのままではなく、一度剃刀等で毛先と長さを揃えてからが望ましいそうです。

が、面倒なのでやってられません。
普段よりこの状態からスタートしてます。


ソイエ「ES2064P-A」で足の脱毛スタート

泡はなんでも良いのですが、簡単なのはやはりボディーソープですね。
本体の電源を入れ、回っているアダプタ部分に直接ボディーソープ溶液を垂らすとみるみるここまで泡立ちます。

3soi

これはいつ見ても感動。
これを足に押し付け、くるくる円を描くように動かしていきます。

4soi

直線の動きではなく円を描け、と説明書にもあるのでひたすらくるくる。こうすることによって様々な方向から生えている毛を三角の脱毛部分がしっかりキャッチしてくれるんだそうです。

くるくるの間隔は、もう本当にゆっくりがいいです。
1回転5秒ぐらい。

子供と一緒にお風呂に浸かる時の数の数え方でちょうどいいぐらいです。

でないと毛を取り残し、結果いつまでも当て続けないといけなくなります。

ソイエの脱毛時の痛み

脱毛時はなんというか、独特の感触がありますね。
ひたすら「プツプツプツプツ」と小さな刺激が続きます。

今はそれが毛が抜けてる実感なので私は気持ちいいぐらいですが、本当に脱毛器が初めての方はちょっと痛く感じるかもしれません。

例えるとしたら、爪楊枝の持ち手の部分でずっとつつかれ続けてる感じ?「痛い!」と振り払う程度ではないにしろ、痛くない、とも言い切れない強さです。

ただ、この機種より前に利用していた泡を使わないタイプに比べたら痛みとしては半分以下ですね。

泡なしはずっと続けていくことなんてできやしなかったので・・・。

毛を狙って動かす、というよりは泡を足全体に広げるような感覚で動かすのが一番良いですね。

どうしても直線の動きではないので一度かけた場所は全て抜けている、とはいかず何度も往復させる必要があります。

最近流行り出した、脂肪を揉みほぐして細くするという機械のような感覚でやってます。微弱な振動と回転するアダプタの刺激がちょっとでも効果あるかなって・・・(あくまで私個人の感覚であり医学的根拠は皆無です)。

なにも考えずにくるくるしていると、そのうち泡の中に抜けた毛が混ざり始めます。

5soi

正直気持ち悪いですが、目に見える効果なのでちょっとにやにやしてしまいます。

泡を使わないタイプを利用していた時には、この毛がずべて周囲に飛び散ってしまい下に新聞紙を敷いて脱毛していたぐらいなので、このように毛がまとまってくれるのも泡タイプのいいところだと思います。

途中で泡が潰れて来たかな、とか下に泡が垂れてしまって少なくなって来たときは、適宜手で泡を伸ばすか、再び回転しているアダプタにボディーソープを付け足しながら行ったほうがいいです。

むしろ泡だらけになる勢いでやった方が痛みも少ないですし、滑りも良くなり肌への負担も(多少)少なくなるように感じますね。
泡が減ると摩擦による痛みが強くなってきます。

泡の上から見て一通り毛が無くなってきたかなー、というふうに感じたらまず第1段階終了。毛の量にもよりますが私は片足約20分ぐらいでした。

一旦様子を見るために泡を全て洗い流します。
ここでもう下を流れる水のすごいこと。
毛が、毛があんなに・・・。

美容院で切った後の髪を思わず見ちゃう方はすごく楽しい光景だと思います。

泡を落としてみると、あれだけもっさりと生えていた毛はほとんどありません。
ちょっと撮りこぼしてしまって申し訳ないのですが、ふくらはぎ側も結構問題なく抜くことができます。

6soi

ただ、やはりこれは脱毛器の宿命、カーブしている部分の細かな毛はどうしても毎回残りますね。

7soi

そのため第2陣と参ります。ちなみにこの時点でやや肌が赤めなのはおそらくお湯をかぶったせいです。

第2陣は5分ほどで終了します。
残っていた部分だけ重点的にくるくるして、あとは一通り手で撫でてみてちくちくとした感触がなければ終了です。
先ほど残っていた膝まわりの毛もほとんど抜けました

8soi

生来の面倒くさがりの私は、この状態までくればもうよかろう、とこちら側の足は終了してもう片方へいってしまします。

ですがしかし、例えば翌日が異性とのデートだったりと1本の見逃しも致命傷になるような予定がある場合にはこの後、本当にかるーくではありますがカミソリで1周剃って回ったり、お風呂上りに毛抜きで抜いたりの作業を行います。

長い毛だと柔らかく、泡やアダプタを受け流してしまうこともありますし埋没毛もゼロではないので・・・。

ソイエと剃刀で剃った時の比較

今回は比較のため、_右足のみ脱毛器を利用して左足は剃刀を使って剃ってみました。

ちなみに利用したのは女性用の「Schick Hydro Silk(シックハイドロシルク)」。頼れる5枚__刃です。

9soi

剃刀で剃ってみてもこの毛の量・・・。ぞっとしますね。
剃刀はもう手慣れた作業なので10分もかからず終了、さっと泡を流して後片付けは置いといて直後の状態を見比べるために窓辺へ。

そこで衝撃の結末が。もうこの時点でそれぞれのデメリットが露骨に出ていたのです。

10soi

ちょっと光源の問題で見えにくくて申し訳ないのですが、向かって右が右足、脱毛器を使った側。

向かって左が左足、剃刀で剃った側です。実物で見ると、こんなにも違うものかと自分で驚いた程右足の毛穴が真っ赤だったんです。

改めて右足側だけ撮影したのがこちら。

11soi
12soi
13soi
色味が違うのはすいません、どうにか自然に近い状態で撮影できないかと四苦八苦した結果です。

ただ、我ながらひどい。なんだか皮膚科の症状写真を見ているような気分になってきました。

まあしかし、大げさに驚いてみましたが、正直言いますと私いつもこんなもんなんです。改めて写真で見るとひどいですが。泡なしのタイプだとこれに加えて粉を吹いていたことすらあったので、実はこれでもまだマシな方なのです。

そのため念には念を入れて、水着等で確実に生足になる機会がある場合はその予定の2~3日前に脱毛するようにしています。

その後全身用化粧水を念入りに塗り込み、それでも赤みが引かないようならケーキ等についてくる小さな保冷剤で冷やす。それを行うこともあります。

それよりも驚いたのが、剃刀で剃った側の写真です。

14soi

がっつり毛穴の開きが分かり、毛穴のふちまで削ったのかやや皮膚が毛羽立っていました。現時点でので肌触りは脱毛器側より良いのですがこれから先、数時間もすれば成長の早い毛や毛穴がガサガサし始めるであろうことが容易に予測されます。
慌ててこちらにも化粧水を塗り込みました。

そして最後に翌日の写真です。

まずは左足(剃刀側)から。

15soi

いい意味でも悪い意味でも、剃った直後とほぼ変わらない見た目ですね。ぽつっと出ていた毛も見えたまま。むしろ余計にチクチクし始めました。

そして、右足の脱毛器側がこちら。

16soi

毛穴の赤みも引き、まあ見られる程度(太さはこの際見逃してください)には綺麗になっています。

手触りはチクチクもブツブツも特にないですね。
これならなんとか生足も晒せそうです。

器具の後片付けについては、このようにアダプタに毛が詰まっているので、これを水で流すだけです。

17soi
18soi

ただ単に水に流すといっても、アダプタの隙間に毛が絡み込んでいる(だからこそ毛が抜けるのだから文句は言えません)のでちょっとだけ大変です。草むしりのように水で流しながら毛を抜くか、完全に乾いてから付属の硬い毛のブラシで取り除くかの方法になります。

それでは、途中お見苦しい画像が多々あったかと思いますが私の脱毛ライフはこんな感じです。

少しでも皆様のご参考になれば幸いです。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脱毛器体験談

Comments are closed.