> >

家庭用脱毛器の選び方8つのポイントと購入に向いている人



家庭用脱毛器を選ぶポイントは口コミや、出力、スピードだけではありません。部位などによっても違いすし、その他にも要チェックポイントがいくつかあります。また家庭用脱毛器が向いている人、買っちゃだめな人がいます。

ここでは、家庭用脱毛器を正しく選ぶ基準、方法、メリット、デメリット、中古の家庭用脱毛器を買うのはありか?おすすめの脱毛器は何なのか?などなど、説明していきたいと思います。

家庭用脱毛器の選び方8つのポイント


選ぶ前に自分は家庭用脱毛器を購入するのに向いているのか把握する

きちんと効果が実証されている製品を正しく使えば、家庭用脱毛器でも半永久的な脱毛を目指すことができますよ。

しかし、家庭用脱毛器は、全ての人にとって最適の脱毛方法ということではありません。人によっては、サロンやクリニックでプロの手でやってもらう方がいいということもあるでしょう。

以下のような状況の人には家庭用脱毛器での脱毛がおすすめです!


忙しくてサロンに通う時間がない人

本当に美しく脱毛したいなら、脱毛サロンやクリニックで定期的に脱毛施術を受けるのが一番なことは間違いありません。専門の場所で使う機械は効果も高く、施術をしてくれる人も技術があります。
それはわかっていても、仕事や家庭のことが忙しくてこまめにサロンに通えない人もいますよね。
特に、人気の脱毛サロンは予約が取りにくいこともしばしばあり、あまり時間に融通が利かない人には不利だと言えるでしょう。家庭用脱毛器なら、曜日や時間に関係なく、好きな時間に脱毛することができます


家族でも脱毛器を使いたい人がいる

家族内に、自分以外にも脱毛をしたいという人がいる場合は数人で使うことができるのでコストメリットが大きくなります。
何人かで共有するのは衛生的に不安と感じますが、フラッシュ式の脱毛器は消耗品であるカートリッジを取り外すことができるので、カートリッジは自分専用のものを使えば清潔です。
男性のヒゲ脱毛に対応している脱毛器もありますので、女性同士ではなくても家族で使うことができます。


普段からムダ毛のお手入れには気を使っている

様々な部位のムダ毛をこまめに処理しているという人は、数週間に1回脱毛器での処理に変えるのがおすすめです。
いくら照射範囲の広い脱毛器を選んだとしても、自分で少しずつ脱毛器で処理していくのはやっぱり大変ですので、途中で諦めてしまう人もいます。

でも、普段からお手入れが頻繁で丁寧な人なら、自分で家庭用脱毛器を使って脱毛処理することもあまり面倒には感じないでしょう。
使い続けることでお手入れの頻度が減って、ムダ毛処理をしなくてもいいお肌を手に入れることができます。

家庭用脱毛器は、全ての人にとって最適の脱毛方法ということではありません。人によっては、サロンやクリニックでプロの手でやってもらう方がいいということもあるでしょう。



自分に合う脱毛方法を検討する上で、上記のようなポイントに当てはまるかどうか参考にしてみてくださいね。


家庭用脱毛器の選ぶときのポイント8つ

家庭用脱毛器の脱毛方式はいくつかあって製品も様々ですので、どれがいいのか選ぶのが難しいですよね。

家庭用脱毛器はレーザー式・フラッシュ脱毛式・サーミコン式などがあります。この内、レーザー方式もしくはフラッシュ(光脱毛)方式の脱毛器なら、今後のムダ毛量が減っていく脱毛効果を期待することができます。

レーザー脱毛は医療機関、フラッシュ(光)脱毛は脱毛サロンで利用されている脱毛方法ですので、脱毛方式だけで言えばサロンやクリニックと同じ脱毛効果があると言えます。
家庭用脱毛器はエステやクリニックよりも安価に始められるとは言え、数万円単位の買い物になりますので購入も慎重になるべきです。ここでは、自分に合った家庭用脱毛器の選び方のヒントを紹介します。


1.光脱毛?それともレーザー脱毛?

人気があるのは、光脱毛(フラッシュ脱毛)とレーザー脱毛の2種類の脱毛器です。値段は2万円から8万円と機種によってかなり違いがあります。
両方とも毛根に光でダメージを与え、毛を生えにくくさせるので永久脱毛と同じ効果が得られます。光脱毛は広範囲にわたって照射できます。一方レーザー脱毛は光脱毛に比べて範囲が狭いですが、その分深く浸透するので早く脱毛できます。
しかし、レーザー脱毛は痛みが強いと言われています。家庭用脱毛器を選ぶ際、痛いかどうかはとても大事です。購入した人の口コミをよく調べてみると良いでしょう。


2.どの部位を脱毛したいのか?

どの部位のムダ毛を処理したいのかによって選ぶべき家庭用脱毛器が変わります。腕や脚など、主に広い範囲を脱毛したい場合は一度に照射できる範囲が広いタイプのものがおすすめです。
フラッシュ方式の脱毛器が比較的広い範囲の脱毛処理が可能です。反対に、Vラインなど細かく脱毛処理をしたい場合は、持ちやすさ・軽さなどを重視して選ぶと良いでしょう。(※VIOラインは機種によって脱毛できないこともあります)

製品によっては、カートリッジを付け替えることで脱毛部位に合わせた照射範囲に設定できるものもあります。そもそも、製品によって脱毛可能な部位は異なりますので、これも確認しておくようにしましょう。


3.その脱毛器は返金保証がついている?

返金保証がついているかどうかも機種によって分かれます。全くない会社もありますし、30日間使用してみて合わなければ返金してくれる会社もあります。実際に試しみることができるのは大きな魅力です。逆に、返金保証がある会社は、返品された商品を使いまわしているだろうから不衛生で嫌だという人もいます。きちんとクリーニングされているのだから問題ないと考える人もいます。人によって考え方は様々です。


4.使いやすい重さか?

重さも機種によって違います。軽いものは100グラム程度ですが、重い機種は500グラムあります。あまり重すぎると持ち続けることに疲れてしまうので、頻繁に使用したい人は重さも重視して下さい。


5.充電式が良い?それともコンセント式の脱毛器?

充電方法もコンセント式と充電式があります。充電式は邪魔なコンセントがないのが利点です。しかし、すぐに充電が切れてしまう機種もあります。
また、一度照射すると次の照射までチャージする時間が必要です。この時間が機種によって1秒から10秒ぐらいの開きがあります。テンポよく脱毛していきたい人には、時間が短い方が良いに決まっています。


6.照射面積はどのくらい?

照射面積も大事です。照射する範囲が広ければ、ショット回数も少なくてすみます。形も丸型、長方形と違います。丸型は撃ちもらしやすく、長方形の方が照射しやすいようです。
また、狭い場所を脱毛するためのカートリッジが付属している脱毛器もあります。指の毛やVラインなど、細かい部位を脱毛するにはとても便利です。それぞれ各HPに何センチ×何センチのカートリッジが付属していると記載されているので、チェックしてみることができます。


7.照射出力は何段階の調節がある?

光やレーザーのパワーが強いほど脱毛効果は高くなりますが、その人の肌質や毛質、脱毛したい部位によって適する出力レベルは違います。また部位によって、痛みの度合いは変わります。アンダーラインは特に痛みが強い部位です。また皮膚が薄い、肌が弱い、敏感肌の人などはすぐに肌が赤くなってしまうので、なるべく低出力から初め、痛みの度合いを確かめながら出力を上げていくと安心です。

この出力調整が何段階あるか機種によって異なります。5段階のもあれば10段階調節できるのもあります。状況に応じて効果的な出力値を選択できるよう、出力レベルを細かく設定できるものがおすすめです。

8.カートリッジは消耗品です!

家庭用脱毛器は、本体さえあればずっと使い続けられるものではありません。フラッシュ式の家庭用脱毛器は光の照射をするカートリッジが消耗品となり、1つのカートリッジあたりで照射できる回数が決まっています。
最初に購入する際は本体価格ばかりに目がいってしまいますが、カートリッジの照射回数や照射範囲と合わせて比較して、ランニングコストが低いものを選ぶようにします。



家庭用脱毛器には本当にたくさんの購入するポイントがあります。インターネット上で体験者の口コミを調べることができるので、選ぶ際の参考にしてみると良いですね。家庭用脱毛器は決して安い買い物ではありませんので、下調べをしっかりとして良い製品を購入できるといいですね。



当サイトでおすすめしている脱毛器は「ケノン」「トリア」です。

まず、痛みに弱い方、効率良く脱毛したい方は、フラッシュ脱毛で照射範囲が広いケノンをおすすめします。ケノンは当サイトでも人気NO1の家庭用脱毛器です。

一方、レーザー脱毛のトリアは、フラッシュ脱毛に比べ痛みはありますが、効果がでるまでのスピードが速い傾向があります。そして照射範囲が狭いので指など細かい箇所を丁寧に脱毛することができます。

よろしければ以下のレビューも参考にしてください。
⇒ケノン【写真付きで1年間の経過をレビュー】全身各箇所の脱毛中
⇒トリア体験談~脱毛の様子や途中経過の写真付きレビュー埋没毛からの脱出!




家庭用脱毛器のメリットとデメリットを理解して選ぶ

最近の家庭用脱毛器は、高性能になってきているため自宅にいながらエステ並みのお手入れができるとさえいわれていますから、試してみたいと感じる人も少なくないことでしょう。

ここでは、家庭用脱毛器を購入することのメリットとデメリットについて解説したいと思います。


家庭用脱毛器を購入するメリット


1. エステやクリニックに通う煩わしさから解放される

仕事を持っている人や育児中のママにとって、エステやクリニックに通うのは結構煩わしいものです。
また、仕事のオフ日にエステの予約を入れようとするとなかなか予約が取れないなんていうことも少なくなく、満足のいくお手入れができないことも多々あるものです。
家庭用脱毛器なら、自分の空き時間を用いてサッと脱毛ができるので、エステやクリニックの予約をしたり、通ったりという手間が省けます。


2. 自分で脱毛できるから恥ずかしくない

VIOラインなど脱毛したい部位によっては人にやってもらうのが恥ずかしく感じる部位も、家庭用脱毛器なら他人に見られずに自分で脱毛できるので恥ずかしくはありません。


3. 使い方によっては経済的

エステやクリニックで全身脱毛をやろうとすると、かなり高額のお金を払う必要があります。しかし、家庭用脱毛器なら1台で全身の脱毛をお手入れすることが可能なので、お安く全身脱毛ができます。


4. 満足のいくまでムダ毛のお手入れできる

脱毛エステやクリニックでの脱毛は、追加料金のことを考えるとどこまで通うか考えてしまうことがありますが、家庭用脱毛器なら満足のいくまで回数制限なしにお手入れできるというメリットがあります。


家庭用脱毛器を購入するデメリット


1. ツルツルになるまで結構時間がかかる

家庭用脱毛器は、やはりサロンやクリニックの脱毛器と比べて出力が弱く、1度の照射で施術できる範囲が狭いです。

そのため、家庭用脱毛器はエステやクリニックに比べて脱毛が完了するまでに時間が掛かってしまいます。


2. 自分では施術できない部位がある

いくら全身の脱毛ができるといっても、家庭用脱毛器の場合、背中などは誰かにやってもらわないと脱毛することができません。
自分だけで脱毛作業を行なおうと思うと、できる範囲が限られてしまうというデメリットがあります。


3. 場合によっては脱毛エステよりも高くつく

高性能の家庭用脱毛器は1台10万円くらいが平均的な価格です。
これにカートリッジの交換が必要ならその代金がかかりますし、脱毛器によっては専用のジェルなどの購入も必要です。

ミュゼプラチナム銀座カラー脱毛ラボなど、最近は数百円から脱毛できてしまうので、両ワキや脚の脱毛をするだけというのであれば、エステの方が安いということもあります。



脱毛エステやクリニックに通う時間がなかなか取れないという人にとって、家庭用脱毛器はとても便利な道具だと思います。

しかし、経済面のことだけを考えて家庭用脱毛器の購入を考えているのなら、もう少しよく考えてみましょう。使用方法によっては、脱毛エステで施術をした方が経済的な場合があるからです。


家庭用脱毛器の口コミを参考にして選ぶ

口コミを参考にして家庭用脱毛器を選ぶのは良いことですが、家庭用脱毛器のマイナス口コミを信用しすぎないのも重要です。

はじめて脱毛器の購入を検討している方から、よく以下のことを相談されます。
「ヤケドや肌荒れ大丈夫?」「自己処理のようなダメージは?」、今回は、この疑問にお答えするとともに、お肌への影響をなるべくおさえて脱毛器を利用する方法、アイディアを紹介します。
あなたが、安心して、家庭用脱毛器を利用できるよう、参考にして頂ければと思います。


脱毛器の不安にお答えします!ヤケドや肌荒れ大丈夫?

まず、ヤケドに関してですが、説明書通りの使い方をきちんと守り、脱毛を急ぐあまり、いきなり強いレベルで照射をしない限りは、ほぼ心配はありません。
保冷剤や冷やしたタオルをあてて、処理部分を冷やした上で、無理のない照射レベルでお手入れをしてください。
シミやほくろ、過度に日焼けをしている箇所など、脱毛不可部分に照射をすると、トラブルのリスクが高いので、そこは避ける、もしくは小さなテープで保護をして、処理することをおすすめします。


自己処理のような肌へダメージが心配

次に、肌ダメージに関してですが、処理をした後のお肌は、乾燥する上、敏感な状態になっています。
これは、クリニックやエステで脱毛をした場合も同じ事、処理が終わった後に、保水、保湿を怠らないことで、お肌のかさつきを軽減してください。
メンソール系、スリミング効果のあるボディーローション、刺激が強いケアアイテムは避け、低刺激のホホバオイルや、保水化粧水、ジェル状のローション、などを、使うのがおすすめです。


これだけ口コミが広まりやすい時代ですから、過度な心配は無用

よほどの悪質商品でない限り、「フラッシュ脱毛器」「レーザー脱毛器」として発売されている、本格的な脱毛器は、十分安全に配慮、テストを重ねた上で、市場に売りに出されています。
過度に心配する必要は、ありません。
ただし、クリニックやエステ、脱毛器、どんな方法を使っても、「絶対に安心」とは言い切れないもの。
万が一、のことが起こったときには、すぐに専門医に相談、しかるべき処置を受けるよう、心づもりをしておくことも必要だとは思います。

もちろん、取扱説明書はしっかり読んで、正しい使い方をしてくださいね。脱毛器によってはVIOラインなど、禁止している箇所もあるので注意してください。


中古の家庭用脱毛器を選んで大丈夫なのか?

最近友人から、こんな質問を受けました。
「ネットオークションで家庭用脱毛器が半額以下なんだけど、勝って使って大丈夫?」
教えてもらったページを見ると、確かに人気の脱毛器が、かなり手頃な価格でならんでいる様子。
まず、結論から申し上げると、中古で脱毛器を購入するのは危険です。
今回は、中古の購入が危険な理由3つを紹介します。
オークションでの購入を検討していた方、入札をする前に必ず目を通して頂ければと思います。


理由1 衛生面で不安が残る

脱毛器は、お肌に直接あてて、使用するものです。
疑う訳ではないのですが、他人がどのように使用していたのか分からないものを、譲り受けるのは、どうしても不安が伴います。
VIOやワキなどを脱毛している可能性が高いですし・・・。
完璧に除菌、殺菌が難しい以上、一度でも相手が使用した記載があれば、入札は慎重に行うことをおすすめします。


理由2 メーカーの保証が難しい

購入した本人であることを証明できないと、メーカーの保証を受けられないケースが多々あります。
家庭用脱毛器が故障したとき、トラブルが起こったとき、直接メーカーに相談ができないのは、非常に不利な状況です。


理由3 個人輸入品・ジャンク品のリスク

「正規店購入」と偽って、個人輸入品やジャンク品を売買するトラブルも結構聞きます。
とくに悪質なケースでは、正常に動作しない脱毛器が届いたり、配送中に壊れてしまって使い物にならないケースも。
個人間の取引には、何かとトラブルが付き物です。
届いてから悲しい想いをするのはあなた自身、自分の身は自分で守るほかない、と心得ておくことが必要でしょう。


▼やっぱり正規品が安心

オークションが一般的になるにつれ、危機感が薄れてしまいますが、お肌に使う、それなりに高価な機器を購入するときには、
十分に注意をして取引をすることをおすすめします。
こと、脱毛器にいたっては、できれば、正規店のオンラインストアで購入するのが安心です。
つらいやり取りに巻き込まれ、泣き寝入りをする女性が出ないよう、心から願ってやみません。


脱毛器を比較するときは、総合的な評価を

口コミランキングなどを見て家庭用脱毛器を選ぶ場合は、その脱毛器の効果などにもしっかりと着目をして選ぶようにしましょう。

口コミ人気が非常に高くて、安全性も高めの家庭用脱毛器としては、ケノンが挙げられます。
ケノンは、フラッシュ式脱毛器として使うことができる上に、光美顔器としても活用をすることができます。
ですので、美容に興味関心の高い女性達の間では、非常に幅広く愛用されているというわけなのです。
脱毛器と美顔器をそれぞれ購入する手間などが省ける上に、非常に使いやすい点が大きな魅力の脱毛器と言えるでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脱毛器

Comments are closed.