> >

家庭用光脱毛器とレーザー脱毛器の特徴と比較。デメリットを知ってから購入しよう



家庭用脱毛器

 

最近では、自宅で行なう家庭用脱毛機が、家電製品のなかでもかなり売り上げを伸ばしています。かつては抜くタイプのもの、剃るタイプの脱毛器が多くの人に愛用されていました。しかしながら、現在の家庭用脱毛機で最もポピュラーなのは、やはり光脱毛機だといいえるのではないでしょうか。

 

 

家庭用脱毛器は出力が弱い

仕組みとしては、クリニックやエステサロンで使用されている光脱毛機と、ほぼ変わりはありません。しかしながら、出力が弱いために、それほど強い効果は期待できません。
ですが、連続照射のシステムを取り入れて、脱毛効果を上げるといった開発が進められています。

 

 

カートリッジ代はかかるけど、永続的に使えるのが嬉しい

価格としては、脱毛機本体の価格と、必要なものであれば別途、カートリッジの価格がかかってきます。けっして安いわけではありません。しかしながら、1度買えば繰り返しで使うことができますから、トータルでは安く済む場合も多いのです。
しかし、エステサロンでの施術も最近ではかなり安く受けることができます。そのため、家庭用脱毛機の効果にいまいち納得がいっていなければ、コスト面だけを考えて継続していくのは得策とはいえません。

 

 

美顔器効果がある家庭用脱毛器もあります!

それでも、家庭用脱毛機は多くの方から支持されています。
その理由はやはり、いつでも好きなときに自分で行なうことができるためでしょう。また、人に見られたくない部位も、自分ひとりでできる、ということがメリットとなっているのです。脱毛効果が低いことを補うために、商品のなかには美顔器の機能をつけたものまで登場しています。光脱毛といえば複数の波長をもった光が使われています。そのため、短い波長はアクネ菌や角質に作用し、中間波長はメラニンに、長い波長はコラーゲンなどに作用していくことになります。

 

 

家庭用のレーザー脱毛機もあります

光脱毛器についで、家庭用レーザー脱毛器もまた人気を集めています。
当然、医療用ではないですから、人体に影響を与えないものしかありません。しかしながら、年齢制限がついていたり、安全装置がついていたりします。逆にこういったものが、不安を消費者に与えているという指摘もあります。

 
家庭用レーザー脱毛機は、医療用に比べて断然、出力が弱く波長も長いです。しかし、光脱毛機よりも痛みが発生するようです。それを知り、恐いと回避する人も多いです。一方で、だからこそ効果が高そう、ということで選ぶ人もいます。
ですから、どれも一長一短なので、どの脱毛機にするのか、自分のニーズに合ったものを選び出して使っていくことが重要です。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脱毛器

Comments are closed.