> >

家庭用脱毛機で火傷?!脱毛器での自己処理、メリット・デメリット




家庭用脱毛機はサロン脱毛と違い機器を手に入れてさえしまえば、自宅で自分の好きな時に脱毛処理を行えることがメリットです。

脱毛機自体の相場が数万円と一見、購入をためらう人も多いかと思いますが、サロン脱毛では全身脱毛の場合、約10回通っておよそ20万円の金額がかかります。

そう考えると1度でも数万円を出せるのであれば、サロン脱毛より回数も時期も融通のきく家庭用脱毛機はとてもコスパがいいと言えます。

 

デメリットもある家庭用脱毛器

しかし家庭用脱毛機にはデメリットも存在します。
それは、ヤケドを起こすことがあるということです。

サロン脱毛でも、サロンのやり方と肌の相性が悪い場合、赤みが出てしまうことはまれにありますが、家庭用脱毛機だと肌トラブルを起こす可能性が高くなります。

いくら評価のいい家庭用脱毛機であれ、1つでも「ヤケドをした」などというコメントが付いていたら購入をためらってしまいますよね。

そこで、なぜ家庭用脱毛機でヤケドを起こすことになるのかを考えてみました。

 

機器を扱うのは自分(初心者)

同じ家庭用脱毛機を使うとしても、操作に慣れたスタッフが使用する場合と、初心者の人が使用する場合ではヤケドの起こる確率は大きく変わってくるでしょう。

家庭用脱毛機は一般人でも自宅で気軽に行えるようになっていますが、マニュアルを呼んでもやはり、実践となると慣れるまで操作は難しいと思います。

その結果、同じ箇所に重ねて照射してしまったり、脱毛機を滑らせるのが遅かったりで肌へ余計なダメージを与えてしまうのではないでしょうか。

利用初期で「効果抜群!」という人と、「ヤケドで赤みが生じた」という人の二極に分かれる理由として、やはり感覚的でも上手に扱える人、そうでない人がいるということが考えられるのではないでしょうか。

 

照射自体が肌に合わないケースも

いくら機器を上手に使えると分かっていても、照射という行為そのものが肌に合わない人も時々います。

肌が弱く肌トラブルが起きやすい人は、家庭用脱毛機での自己処理も避けた方が吉。かといって、サロン脱毛は安全か?というと肌の弱い人にとっては、そうも言い切れないのが事実です。

各サロンのキャンペーンのため安価で施術を受けられる場合が多いので、1度ためしにサロン脱毛を経験し、自分の肌とそのサロンの施術方法が合うかどうかを確かめた上で、本格的な脱毛を決めましょう。

もしそれでも肌に合わなかった…という場合は、医療脱毛を検討してみるといいでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脱毛器

Comments are closed.