> >

自己処理によって起こる肌トラブル例。続けてしまうと黒ずみ・色素沈着を起こします



カミソリ

 

肌を美しく見せるために脱毛しているのに、黒ずみや湿疹などの肌トラブルができてしまっては意味がありませんよね。
自分で脱毛処理を続けていると、どうしても肌トラブルにつながりやすいです。
気をつけなくてはならない症状とはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

色素沈着

毛穴が赤くなったり黒ずんだりするのは色素沈着の症状です。
カミソリや毛抜き、脱毛テープなどで肌に負担がかかってしまうとボツボツとした色素沈着が起こってしまいます。
治るまでには時間がかかるので、色素沈着してしまった部位に対して脱毛の処理は辞めましょう。
美白用の基礎化粧品などで改善されることもあります。

 

 

埋没毛

毛が皮膚の下に入り込んでしまっているのが埋没毛です。
セルフ脱毛によって毛穴周辺の細胞が傷つくと、毛の表面にかさぶたができてしまい、毛穴が鳥肌のように突起してしまいます。
また、皮膚の下に毛が埋まってしまうので黒ずんで見えます。
埋没毛になってしまった場合は、無理やり毛を抜かず放置しておきます。
時間がたつと自然となくなります。皮膚を柔らかくする作用のあるクリームを塗ると、治りが早くなります。

 

 

毛嚢炎

 毛抜きなどで脱毛することで毛穴から細菌が入り、ニキビのように赤く腫れてしまう症状です。
治ったあともシミになってしまうことがあるので、気をつけなくてはなりません。
脱毛する部位や手、器具などをとにかく清潔に保つことで予防につながります。
毛嚢炎になってしまった部分も、消毒をして清潔にしましょう。

 
デリケートゾーンは特に皮膚が柔らかいのでトラブルになりがちです。
できれば自身での脱毛処理を避けたほうがいいでしょう。
どうしても自分で処理する場合は、できるだけ肌に負担がかからない方法で、清潔な状態で行うようにしたいですね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.