> >

家庭用脱毛器ノーノーヘアの効果ってどうなの?使い方と他製品との違い



脱毛エステ
自分で脱毛処理をすると脱毛サロンに比べて自分のペースで出来るという部分がいいですよね。
そこで家庭用脱毛器なども気になってチェックしてみた事があるという人も多いはずです。

その中でたまにテレビでも紹介されているもので「ノーノーヘア」があります。

家庭用の脱毛器は数万という金額がかかるのでちょっとでも安いもので何か無いか?と思った時に目に入る商品ですね。
実際に効果などはどのぐらいあるんだろう?と気になると思いますが、実際に使った人の意見なども含めてご紹介しようと思います。

家庭用脱毛器ノーノーヘアとは?

ヤーマンさんから発売しており、大きさもかさばらないので形態性にも優れています。
脱毛の処理方法としてはサーミコン式の方法です。
熱を発生させて肌の上に出ている毛をカットするという方法です。
熱で毛を焼いて目立たなくしているというとわかりやすいと思います。

ただ、ここでちょっと気にしておきたいところは
「抜かない・剃らない・痛くない」という宣伝アピールがあるところです。

表面に出ている部分だけの毛の処理なので当然抜きません。
なのでカミソリで剃っているのと同様に日にちが経過してくれば剃った時と同様のスピードで生えてきてしまうという事になります。

 

ノーノーヘアの使い方

使い方は簡単です。肌に何もぬる必要はなく、ただ肌の上をすべらせるだけで毛をカットします。処理する部位に合わせて付属のチップが2種類あります。広い部位用と狭い部位用が最初の購入時に不足品として付いています。
3段階のレベル調整が可能で、バッテリーの消耗も見てすぐにわかるようになっています。

取扱い説明書によると、最初は2~3日に1回処理し、だんだんと減らしていって最終的には月に2~3回で処理するのがおすすめだそうです。
ノーノーヘアは、3日間成長させた毛でないと毛を焼く熱線に触れないので、使用できません。毎日使用しては効果がありません。
何度も使っていくと毛が薄くなっていき、細くなっていくと書いてあります。

 

ノーノーヘアが効果的な箇所、使いにくい箇所

実際に毛が薄くなってきたという口コミは多数インターネット上で見られます。
ただ、慣れるまでにずいぶんと時間がかかるようです。
ローラーが肌に接触して回転すると、サーミコンチップが出てきて肌にあたり、チップの中にある熱線が毛をカットするという仕組みです。
何度も同じ場所をあてたり、ゆっくり動かしていると火傷する恐れがあります。熱線が肌に触れてしまうのです。
また、このローラーは平面に対して効果があるように設計されているので、曲面を処理することは難しいようです。ひざやワキなどの曲面、指も上手に処理できないようです。
Vラインは、シェーバーとは違い、ちくちくしません。毛を焼いて先を丸くカットするという感じになるので、切った毛先が丸くなるのです。

 

毛が焦げた臭いがする?!

ある程度焦げた臭いがするのは正常だと公式HPには書いてありますので、こっそり親に内緒で買った人はすぐにばれてしまうかもしれませんね。
チップに毛がからまってしまうのも焦げた臭いがする原因の一つです。毛を5㎜以下に短く切ってから処理すると良いと、きちんと説明書にも書いてあります。
処置し終わった後は、付属のブラシでチップやローラーについた毛を取り除くお手入れが必要です。毛が残っているままで再度使用すると毛が焦げてしまいます。

 

返金保証がある直販での購入がオススメ

ノーノーヘアはメーカー直販限定で14日間の返金保証があります。どうしても上手に処理できない人は、直販で購入して試してみるのが良いかもしれません。
また、ある程度毛が伸びてからでないと焼き切れないので、ついシェーバーで剃ってしまい、夏場など肌の露出が多い時には不向きという口コミもありました。お手入れしたい時期も考慮して試してみるといいですね。

 

表面の処理に向くノーノーヘア

またたまにテレビの宣伝などで見かける時に「毛が生えにくくなってきた気がする」という意見もあるようです。
ノーノーヘアでの処理の場合は基本的にムダ毛の量が減ってくれるのを期待して使うようであれば別の家庭用レーザーやフラッシュ脱毛器を購入した方が良いです。
表面の処理のみで毛根には働きかけません。

もしくは脱毛エステに行ってしっかり毛根から処理をして改善していったほうが良いでしょう。
あくまでも一時的な処理の目的として買うのであれば良いと思います。


子供の脱毛にno!no!HAIRは使える?

うちの子が脱毛したいと言っている、毛深いのが気になっているようだ、と気にしているお母さんは結構多くいます。
むしろ今は脱毛サロンでも子供向けの脱毛プランなどがあって子供さんが普通に通って脱毛しているような時代だと思ってください。
毛深いのを対処しないでそのまま放置しているとばかにされてしまったりすることもあり、いじめの原因になってしまうこともあるぐらいです。

脱毛サロンだとちょっと高いかな、と考えるとちょっと家庭用脱毛器を検討するお母さんもいるようですね。

実際に家電量販店を見ていると良く見かけるのがno!no!HAIR です。
テレビの通販コーナーでもたまに登場するので見かけることが多い脱毛器ですね。

 
このno!no!HAIRは子供にとってはどうなのだろうか?
と思いつつ、価格も他の家庭用脱毛器と比べると手軽に買える金額だというのとで購入してしまう人も多い商品です。

 

no!no!HAIR自体の効果はあまり期待できない?

まずno!no!HAIR効果があるのか?という点は気になるところですよね。
これは実際に使ってみた人のレビューなどを見てみると結構わかると思います。

 
no!no!HAIR 自体がサーミコンを利用していて熱の力で表面に生えている毛を焼くような感覚で処理する方法です。
なので剃ることに比べたらチクチクした感覚は無くなるのが違いとしてあります。

 
また、使っていくうちに効果が出るのか?ということなのですが表面の毛を焼くだけでなかなか毛根にまで熱が届くことも少ないので薄くなっていくという効果などはないようです。

 
たまにレビューとかで効果があったような感じの書き込みがあったとしてもなんだか薄くなってきた気がするという書き込みが多いのが気になります。
違う言い方だと薄くなったかも?しれない程度の変化があったかもという感じです。

 

 

子供ひとりで使うのは危険かもしれません

また、熱が発生するタイプなので子供さんに1人で使用させるのは危ないので控えたほうが良いのではないかと思います。
なぜかというと大人でも使い方のコツが若干あり、処理している時に場合によっては軽くやけどした感じになってしまう場合があるからです。

 
なので子供さんには使わせないようにして別の方法を考えた方が良いということになります。

 
実際に利用者数も多いのでno!no!HAIR を購入して使用している人も結構多いと思います。
急な旅行などの一時的な緊急処理に使うとかの目的では非常に便利で良いのですが、子供の脱毛目的ではやけどの可能性もありますので利用は控えるようにして別の方法を考えた方がよいでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脱毛器

Comments are closed.