> >

契約前に必読!知らないと損するサロンでの脚脱毛ちょっと意外な注意点



足
人によって、ムダ毛が気になる箇所は違いますよね。
私は、処理してもブツブツが見えるワキが一番嫌でしたが、その次にブツブツが気になったのが、ヒザと脚です。

すごく脚を露出しているのに、太ももやふくらはぎにブツブツ毛穴がクッキリ見えている女性がいると、あ~あ……と思いませんか?
逆に、生脚の美しい女性を見ると、顔だけ綺麗で脚のケアがおろそかな人よりずっと美しく見えませんか?
女性が見てしまうくらいだから、男性はもっと見ていますよね。(笑)

私はそういう面から、私服OKの職場でもいつもストッキングを履いていますが、暑い夏はそうもいかず、単純に脚が綺麗な女性に憧れるというのもあって脚脱毛を始めたのでした。

 

脚脱毛でサロンを選ぶ際のポイント

脚脱毛の際は「ヒザの扱い」と「痛み」に要確認です!

はじめに通ったサロンは、ヒザ上・ヒザ・ヒザ下の3箇所で契約パーツが分かれていました。
ヒザ上・下は範囲が広いので「Lパーツ」、ヒザだけは「Sパーツ」です。
ですが次に行ってみたサロンでは、ヒザ上かヒザ下どちらかを選べば、ヒザも施術に含めてくれるというので、後半はそちらで契約をしました。

その上、最初のサロンはとても痛かったのに対し、あとのサロンはほとんど痛くありませんでした。
ずっと知らなかったら勿体無い事をしていました!
早まって高額な契約をしないようにしてくださいね。

 

効果・自宅ケアについて

サロンのスタッフさんにも言われますが、脚はとても乾燥しやすいので、保湿をしっかり行うと効果も出やすいと思います。

それから、個人的には「自己処理休め」も大切だと思います。
秋・冬は黒ストッキング中心にして、サロンに行く日まで処理を休み、肌を健康な状態にしてあげた方が、施術できない範囲も減って良いと思います。
(施術できない範囲については下で触れます)

 

脚脱毛の注意点

体を気遣ってくれるサロンでは、肌の乾燥チェックをして、「今日はとても乾燥しているので、この状態で施術するのはおすすめできません。次回にしましょう」と少々厳しめの事を言ってきます。
「やってください!」と無理を言っても、責任を負うのは最後はサロンなので、施術してくれません。
折角行ったのにずいぶん先の予約を取り直さなければならなくなります。

それから、肌の下に毛が埋もれてしまった「埋もれ毛」や、赤くなっている毛穴には小さいシールを貼られて、施術してくれないので要注意です。
いつも脚の自己処理を欠かさないる人は、そういう箇所も増えやすいと思うので、上に書いたように処理休めをするのも大切だと思いますよ。

 

脱毛エステで脚脱毛を行ったその日に注意すること

脱毛エステで脚脱毛をやったあとのお肌は、ダメージを受けています。一見、何も変わらないように見えますが、肌に大きな負担が…。肌荒れを起こさないため、脱毛効果を得られるために、しっかりお手入れをするのが大切です。

ここでは脱毛エステで脚脱毛をやったあとのお手入れ方法を紹介しましょう。

 

脚脱毛後は紫外線に気をつける

脱毛エステで脚脱毛をやったあとは、紫外線に気をつけましょう。『脚は紫外線が当たりにくい部位だから…』と油断は禁物です。紫外線が当ると、肌荒れやしみになる可能性が…。普段よりもデリケートになっているので、紫外線対策を万全にしましょう。

特にサロンから帰るときは、注意が必要!強い処方の日焼け止めもおすすめできません。長いパンツやレギンスを履いて、脚を紫外線から守りましょう。

 

脱毛エステで脚脱毛をやったら念入りな保湿を行う

脱毛エステで脚脱毛をやった当日は、念入りな保湿をやりましょう。脱毛あとの脚は、水分量が減り、乾燥しています。乾燥は、肌荒れだけでなく、脱毛効果を得られないことに…。

脚脱毛あとは、サロンでも保湿剤を塗ってくれますが、お肌のダメージは相当なモノ。帰宅後も、マメな保湿をやりましょう。これで肌荒れを防ぎ、脱毛効果を得られやすくなりますよ。

 

脚脱毛当日は温めすぎないようにする

脚脱毛当日は、脱毛部位を温めすぎないようにしましょう。温めすぎると毛穴に熱がこもり、やけどの原因になります。特に当日は熱がこもりやすいので、血行がよくなることは避けましょう。たとえば湯船の入浴、運動、飲酒はやらないほうが安心です。

 

脚脱毛当日の自己処理はご法度!

当日の自己処理は、絶対にやらないようにしましょう。脱毛で肌が乾燥しているのに自己処理すると、相当なダメージを受けます。当日は保湿を心がけ、自己処理をやらないようにしましょう。もしやるのなら、翌日以降にしましょうね。

脱毛当日は、『脱毛へ行けば終わり!』ではなく、守らなければならないことがあります。これが美脚を作るには欠かせないのですよ。肌荒れを防ぎ、脱毛効果を高めるために、ぜひ守りましょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脚脱毛

Comments are closed.