> >

脚のムダ毛に関する男女の意識差。男性にとって、女性のすね毛は「無くて当然」



脚脱毛

 

そもそも脚脱毛はなぜ人気があるのか理解している人は少ないのではないでしょうか。
それは脚の毛についての認識や考え方の点が、女性目線の場合と男性目線ではかなりの大きな違いがあり、ここを理解することで人気の秘密がわかるといえるでしょう。

 

 

脚の毛といえばすね毛

すねは、女性がムダ毛処理をもっとも頻繁に行い気にする場所ともいわれています。
しっかりと処理を行わなければ、すぐに何日かするとポロポロと細かい毛が生えてきてこれは非常に目立ちます。

丁寧なケアをしなくては、肌にも負担がかかり傷ができてしまったり、皮膚表面がざらざらしてしまいます。
男性の場合はケアを怠っていても平気ですが、女性は自分の身だしなみと肌のケアのために常に気にかけていなくてはならない厄介な部位だともいえるでしょう。

 

 

男性の目線はシビア!女子のすね毛は無くて当然!

男性は、自分のすね毛はあって当たり前のものとして考えていますが、女性に対してはそれがあるということに関しては、シビアでケアしていて欲しいという意識をもっています。
すね毛は男性にとっては、男性シンボルの一つという意識もあり、女性はしっかりとケアを怠らずにして綺麗な足でいて貰いたいという願望があります。
それは女性には、女性らしい輝きのある体でいて欲しいという意味にも捉えることができるのです。

 

男性の憧れは陶器肌

男性が理想とする女性の体は、触れたときにしっとりとしていて柔らかい肌や、陶器のようなツルツルとした輝きのある素肌であって欲しいと願っているのです。
これは自分の意中の相手であったり、恋人、妻としても、女性全体に当てはまります。
恋は盲目といいますが、男性の場合は女性の毛のケアに関しては、しっかりと行っていない場合はどんなに惚れている相手でも幻滅してしまう恐れもあるほど重要なものなのです。

 

 

毎日自己処理するのは正直面倒…

反対に女性には、脚ぐらい見えないときはわざわざケアしなくても大丈夫だろうという考え方もあります。
しかし本当に美しい女性は、いつでも自分に対する美意識が高いため冬でも厚着の季節でさえもしっかりと内側のケアを怠らないのです。
いつどんなときも、自分の肌が誰かに見られていても大丈夫という常に周りを意識しているからです。

 
女性同士でも、冬でもしっかりとケアされている脚を見るとしっかり自己ケアができている人だと感心するのが同じ女性としての見解です。
また冬以外の肌を見せる季節においても、すね毛の無い美しい足は魅力的です。
艶やかで清潔感のある人間性を、脚から垣間見ることもできるほどといわれています。
このように脚の脱毛に対しては、男性は自分はすね毛があってもよいけれど、女性には絶対にあってほしくはないもの、そして女性はあってもよいけど、無い場合には尊敬するに値するものだといえるのが意識の違いです。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.