> >

脚のムダ毛、どうしてる?自己処理による脱毛メリット・デメリット



ムダ毛自己処理
脚の毛の自己処理としては、いろいろな方法が選ばれています。
自己処理は手軽に行なうことができますが、脚はむれやすく、菌の繁殖しやすい箇所でもあります。ですから、しっかりと自己処理によるメリットやデメリットを把握しておく必要があります。

ただ、どの処理方法でも共通していえることとして、処理回数を極力少なくするべきだということです。

 

1. カミソリ

まずは自己処理のなかでも、カミソリによる処理のメリットをみていきましょう。
それは第一に安く行なえるということです。次にやりたいときに手軽にできるということです。あとは時間も短く終えることができるということもいえるでしょう。

デメリットとしては、肌の表面を傷つけやすいという点です。脚というのは、ストッキングや靴下、それに靴などによってむれやすく、菌の繁殖しやすい部位だといえます。そのため、カミソリによる処理を行なっていると、炎症などを起こす危険も高いです。
かゆみなどの発生も厄介なものだといえます。

 

簡単ながらリスクもあるカミソリでの処理

そして傷ついた肌の表面に新しい角質が形成された場合、それが毛穴を塞いでしまう可能性があります。
そうなると、埋没毛などが発生する危険が高まります。色素沈着が起こる可能性もあるのです。
ですから当然、アフターケアというものが大切になってきます。しかし、やればいいというものでもありません。何がいいたいかというと、アフターケアでより刺激を与えてしまって状態が悪化するケースも多いということです。
他の施術の後のケアに比べて、このカミソリ後のケアというのはより慎重になる必要があるのです。

 

2. 脱毛テープ

脱毛テープで自己処理を行なうメリットとしては、やはり安く手軽だということがいえます。
デメリットとしては、やはり肌への負担が挙げられます。ただ、適切に行なえばそれはカミソリほどの負担には至りません。

とはいえ、脚は肌が丈夫な部位ではありません。そのため慎重にはがさないと表皮までいっしょにはがしてしまうリスクがあります。埋没毛の発生や炎症を引き起こしてしまうリスクもありますから、はがすときは丁寧に行なうようにしましょう。

 

3. 電気シェーバー

メリットとしては簡単で痛みを伴わないということがいえます。
価格もリーズナブルで肌を傷つけにくいのもメリットです。脚の自己処理としてはおすすめできる方法だといえます。

ただし、処理頻度は多くなりますから、あえていうならそれがデメリットとなります。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脚脱毛

Comments are closed.