> >

ワックス脱毛で脚のムダ毛を処理!そのメリットとデメリットとは?



女性の足
足の甲や指の毛というのは、案外気になるものです。
特に日焼けする箇所ではないために、毛が生えていると目立つためです。部位として小さいので、なかなか脱毛法を迷う人も多いと思います。

そんななか、ワックス脱毛が人気を集めています。

 

脚をワックス脱毛するメリット

1. レーザー脱毛に比べて痛みが少ない

ワックスによる処理のメリットとしては、まず他の脱毛法よりも痛みが少ない点です。特に脚というのは骨ばっておりますから、他の部位に比べて痛みが発生しやすいです。レーザー脱毛などは特に痛いです。しかし、ワックスを使用すれば一瞬の痛みだけなので我慢しやすいと思います。
脚はやはりワックス脱毛に適した部位といえるのではないでしょうか。

 

2. 費用が安い

さらにリーズナブルな費用で施術を受けることができます。2,000円ほどが一般的です。

 

3. 肌へのリスクが少ない

また、やけどなどのリスクが少ないのも特徴だといえるでしょう。ピーリングの効果もあります。

 

4. 脱毛が短時間で済む

10分ほどと施術の時間も短いです。毛質を問わないのも魅力の1つになっています。

 

脚をワックス脱毛するデメリット

1. ワックスが合わないケースがある

メリットの多いワックス脱毛ですが、デメリットも存在しています。
たとえば、ワックスが肌に合わない方もいるということです。アレルギー反応を起こしてしまう方がいるのです。ですから、エステサロンでは一般的に、パッチテストを行なってから施術を開始することになります。

 

2. 多少の痛みがある

また、痛みが多少なりあることもデメリットだといえます。
ワックスによる脱毛は引き抜くものです。ですから、レーザー脱毛には及びませんが、それなりの痛みを覚悟しておく必要があります。

 

3. 自己処理で皮膚トラブルを起こす可能性がある

また、埋没毛や炎症といったリスクもあります。これはサロンではなく、自己処理で行なった場合には、さらにそのリスクが高まってしまいます。

 

4. ある程度の長さがなければ脱毛できない

毛が伸びていなければ施術を行なえないこともデメリットであるといえるでしょう。
1度施術をしてから次の施術まで、1ヵ月以上は開けてから行なうことになります。しっかりとした脱毛の計画をつくることが大事になってきます。

 

5. アフターケアが必要

施術後すぐに海へ行ったりするのは避けたほうがよいです。炎症を発生させる可能性があります。
さらにアフターケアという観点が非常に大切になってきます。これを怠ると、埋没毛などが発生するリスクが高まります。一週間に何度か、自分でスクラブのマッサージを行なうようにしたほうがよいです。あとは保湿にもしっかりと気を配っていくことが大事です。
このアフターケアが特に必要なのが脚という部位ですから、ぬかりなく実行していかなければなりません。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脚脱毛

Comments are closed.