> >

脱毛サロン、家庭用脱毛器、カミソリ…脚脱毛ならどれがオススメ?



脚
脚脱毛、とひとえにいってもそれにはさまざまな処理方法があります。
そこで、一体自分がどの処理方法を選べばいいのか、迷われる方も多いと思います。そんななか、多くの女性はカミソリや電気シェーバーを使って自宅で自分で処理しています。このような自己処理は、自分がしたいときに手軽にできるので人気が高いです。

しかし、デメリットも確かに存在しています。特に脚というのは女性は露出する機会が多いです。そのため、絶対的に美しく保つ必要性がある部分だといえるでしょう。

こういった点を重視すれば、やはり費用がかかっても、エステサロンで施術を受けるのが一番リスクが少なくおすすめできる選択だといえるでしょう。

 

カミソリのリスク

自己処理の方法としては、カミソリ、電気シェーバー、家庭用脱毛器などが代表的です。
カミソリやシェーバーで剃っていた人の場合、お肌の表面も一緒に削りとってしまっているために、お肌の肌理(きめ)がこわれて乾燥している心配があります。このようなケースの場合は、もとのすべすべのお肌の状態に戻すために、皮膚に潤いを与える肌ケアを脱毛と同時に行うことになります。
 

毛抜き

毛抜きなどを使ってムダ毛を抜いていた人の場合は、毛根部分が毛穴に残っているとそこから新しいムダ毛が再生してくるために、ある程度の時間をおいてから脱毛を受けることになりますが、とくに毛抜でムダ毛を処理していた人に見られる、伸びてきたムダ毛が皮膚の内部に入り込んでいる「埋没毛(まいぼつもう)」になっている時は、皮膚科の治療を受けて埋まっているムダ毛を摘出する必要があります。

 

家庭用脱毛器にもリスクはある

同様のリスクは家庭用脱毛器にも潜んでいるのです。
確かに、家庭用脱毛器というのは刃を使用していないものがほとんどですから、刃を当てる方向に気をつけよ、というのは当てはまることはありません。
ですが、脚脱毛やワキなどはOKですが、デリケートゾーンなど、メーカーが推奨していない箇所に脱毛器を当ててしまったり、サングラスを使用しなかったり、間違った使い方をしたり、強さの調整が強すぎたり、弱すぎたり、使い手側の脱毛器を使う腕によって、脱毛の効果が思うようにいかない場合も考えられます。
もちろん、処理の前と後にはしっかりとしたケアを行なわなければならないのはカミソリを使った場合と同様です。
肌の保湿がもちろん、日焼けを避ける、しっかり冷やす、熱いシャワーを避ける、などなど気をつけなくてはならない点は多く、それらの知識を自分で習得しなくてはなりません。

 

サロンで脱毛するメリット

脚は部位によって毛量や毛質が変わってきます。
ですから、それぞれの部位に合わせて脱毛を行なっていくことが大事になってきます。さらに膝やくるぶしといった箇所は湾曲しているので、なかなか自分ではうまく処理できないところです。

こういう点で、エステサロンで施術を受けると、部位ごとに脱毛を行なっていきますから安心です。
剃り残しの心配もありませんし、その後のケアもしっかりとしています。

家庭用脱毛器で自己処理する場合に比べ出力も高い脱毛器を使いますし、扱い方もエステティシャンにはかないません。注意しなくてはならない点や、不明な点があれば聞くことができるのも、エステ脱毛のメリットですね。

やはり、ツルツルでキレイな美脚を目指すのでしたら、エステ脱毛が1番お勧めです。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脚脱毛

Comments are closed.