> >

家庭用脱毛器で脚を脱毛する4つのメリット・デメリットとは?



太もも脱毛
脚の脱毛は他の脱毛に比べて範囲が広いために、自己処理をするとしても手間と時間がかかってしまいます。
女性のほとんどは、カミソリを使って剃っていると思います。しかし、最近では家庭用脱毛器が人気を集めています。

 

家庭用脱毛器でムダ毛処理を行うメリット

1. カミソリに比べて安全性が高い

家庭用脱毛器のメリットを考えるときにまず挙げられるのは、やはり安全性ではないでしょうか。
つまり、カミソリに比べて格段に安全だということができます。女性にとって脚はとても大事な存在です。職場の制服次第では、仕事でも常に露出する可能性がありますし、流行のファッション次第でも私服で脚を露出する機会が多くなります。

脚というのは普段あまり意識しませんが、かなり複雑なフォルムをしているのです。ですから、カミソリを使って自己処理をするような場合、膝やくるぶしの湾曲部がきわめて処理しにくいため、剃り残しの可能性が高まります。

 

2. 剃りにくい個所でも剃り残しが少ない

それに既に述べましたが、脚というのは脱毛の範囲が広いものです。ですから、剃るなどというすぐに毛が生えてくる処理方法だと、またすぐに処理する必要性が出てきます。非常に手間がかかって面倒くさいと考える人も多いのです。

一方で、家庭用脱毛器を使って処理をした場合はどうでしょうか。
家庭用脱毛器の場合、ヘッドが微細な動きをしてくれますので、湾曲部の難しい箇所の毛も、あますことなく処理してくれます。カミソリにおけるような剃り残しのリスクを回避できるというわけです。

 

3. 肌トラブルを起こしにくい

さらに綺麗な脚を実現したくても、カミソリ負けが発生していたり、カミソリを使った際の傷跡が原因で実現できない人もいると思います。
特にカミソリにおける傷というのはかなり目立ってしまいます。その点、家庭用脱毛器であればカミソリを使ったときのような傷を発生させるリスクはありません。

 

4. 商品の選択肢の幅が広い

家庭用脱毛器も、今では簡単に入手することができます。
近くの家電量販店にいえばたくさんの種類のものが売っていますし、万が一取り扱っていなかったとしても、ネットで簡単に注文することができるのです。商品のスペックや値段もたくさんあります。ですから、自分の予算や希望する機能を勘案して、最適な一品を取捨選択することができるのです。

 

サロン脱毛と比較した場合の家庭用脱毛器のデメリット

万能にみえる家庭用脱毛器にも、デメリットは存在します。
まずはサロンで受ける場合と違い、機器の出力が低いという点です。やはり出力が低い分、脱毛エステに比べて単純に効果が低いので脱毛の回数、期間が長くなってしまいます。

それと、エステティシャンに比べて脱毛器の専門知識や腕(テクニック)がない所もデメリットです。痛さと効果のバランスを考えて、照射の出力を調整したりするのも専門的な知識があるエステティシャンにかないませんからね。

さらにVIOラインの脱毛は非常にデリケートな場所です。この箇所は家庭用脱毛器では推奨していない機種もあります。また、背中など手が届かない箇所の脱毛は、やはり家庭用脱毛器では難しいですよね。

また、肌のトラブルがあった時やアフターケア方法などわからない点などあった場合、サロンの場合は問い合わせたり、施術時にエステティシャンに聞くことができますが、家庭用脱毛器で処理する場合は自分で知識をつけなくてはならない点もデメリットですね。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脚脱毛

Comments are closed.