> >

「脚毛の自己処理は簡単」は勘違い!エステで脱毛すべきこれだけの理由



エスティオ 呉ゆめタウン
脚のムダ毛を気にする女性は多くいらっしゃいます。特に、スカートをよく履く方や、露出の多くなる夏季などには処理をすることが多くなります。しかし、脚という箇所の脱毛や処理には、意外と気をつけておきたいポイントがあるのです。

 

炎症を起こしやすい脚の皮膚

脚は、手も届きやすく、そのため自分でも処理することが簡単に思える箇所です。また、普段からふと自分の目につきやすく、ムダ毛が気になる回数も背中などに比べて多いということもあげられます。ですので、つい安易な自己処理に走ってしまいがちです。たとえば、カミソリでの剃毛は、角質層を傷つけてしまいますが、特に脚のすね部分は他の箇所よりも皮膚が薄いため、乾燥しやすくなっています。そこをカミソリで傷つけることによって、カサカサになってしまったり、炎症を起こしたりといったことを招いてしまうことがあるのです。

また、ひざにも注意が必要です。ひざは意外とムダ毛が生えているもので、気にする方も多いですが、まずひざは骨が凸凹しているため、カミソリで剃る際に皮膚を切ってしまうことがあります。また、カミソリ以外で毛抜きを使って脱毛をする方もいらっしゃいます。しかし、毛抜きでの脱毛では埋没毛が心配です。埋没毛で黒いポツポツだらけのひざなんて、ムダ毛を処理したおかげで余計に露出できない脚になってしまっては、悲しいですよね。

そして除毛クリームはムダ毛の生えている部分にクリームを塗って毛のたんぱく質構造に働きかけ、毛を溶かすことで処理をする方法です。
こちらはシェービングのように角質を削り取ってしまうことはありませんが、肌に対して強い作用がある薬剤を使って行うため少なからず表皮に影響を及ぼします。
そのため敏感肌の人にとっては注意が必要です。

化粧品に肌荒れしやすい人やアレルギーを持っている人は頻繁に使うのは避けたほうが無難でしょう。使っていて特に問題がなくても気になるのはコスト面。

脚など広範囲の処理をしたい時はクリームの量を多く消費します。
常に毛がない状態をキープするにはこまめな処理が必要になりますが、デイリー使用となるとかなりのコストがかかってしまいます。

 

太ももの裏は自己処理が難しい

たとえ自己処理による脱毛で、自分が見える範囲を処理したとしても、水着などになる際に他人から見られているのが「太ももの裏側」です。こうした箇所は自分で処理することはなかなか難しく、また上記に述べたように安易な自己処理で肌を傷めてしまっては水の泡です。もし最も肌への負担を少なく脱毛効果を得たいなら、エステサロンや医療機関で脱毛の施術を受けるということが有効な手段です。一般的に、医療脱毛の方が効果が強く金額も高価、エステサロンの方は回数がかかるが比較的安価であるということが言えます。

 

まずは膝下からチャレンジを

脱毛の痛みについて心配だという声も聞かれます。特に脚という箇所は、全身の中でも施術範囲の広い箇所です。痛みの少ない施術をしているサロンもありますが、感覚は個人差もあるので一概には言えません。もし痛みに弱い方は、箇所を分けて施術を受けるという方法もあります。サロンなどでは大抵、「ひざ下」「ひざ上」などというふうに分けられていることが一般的です。一度にすべてを受けるのではなく、まずはスカートなどでも他人から見られやすいひざ下から始めて、慣れてきたらひざ上もチャレンジするなどの方法をとると、安心して受けられるでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脚脱毛

Comments are closed.