> >

剛毛には自己処理は向かない!つるつるな脚を目指す脱毛法2つの対応策



脱毛アフターケア
ムダ毛が太くて硬いと、きれいに処理するのは大変です。表面に出ているものを剃っただけでは、翌日にはもう伸びた毛が顔を出しているのですからキリがありません。おまけに、太い毛を無理矢理処理することで皮膚や毛穴がダメージを受け、炎症を起こすケースも。それでは、剛毛な人が理想のつるつる脚を手に入れるためにはどうすれば良いのでしょうか?

 

医療レーザー脱毛を受ける

はっきり言って、剛毛の人に自己処理は向きません。どのような方法を試してもまたすぐに生えてくるので、いたちごっこになってしまうのです。それに、処理をすればするほど肌も傷んでいきます。脚は一年中処理の必要な場所なので、毎日続けているとダメージが蓄積されていく一方です。

また、サロンでは毛根を完全に死滅させるわけではないので、生えにくくはなっても何度も通わなくてはいけません。特に剛毛の人は処理に手間と時間がかかるので、トータルで考えると費用も高額になりがちです。

そこでおすすめなのが、クリニックで受けられる医療用レーザー。1回あたりの料金が高いので費用はそれなりにかかりますが、一度毛根を死滅させた場所はもう二度と生えてこないので、続ければ続けるほど確実にムダ毛が減っていきます。さらに、医療レーザーは医師免許を持つ人にしか扱えないので、万が一の肌トラブルの際にも手早く対応してもらえるというメリットもあります。

 

家庭用のフラッシュ脱毛器を使う

医療用レーザーは、効果は確実ですが費用がかかるところが難点です。剛毛の人は処理しなくてはいけない範囲が広いので、終了までに10万円以上かかることも珍しくありません。

試してみたいけど、ちょっと今は無理かな……という場合は、家庭用に作られたフラッシュ脱毛器を使うという方法もあります。値段は機種によって違い、一番高いものだとレーザーと変わらないぐらいしますが、決められた場所しか施術してもらえないレーザーと違い、使いたい場所全部に使用できるのでお得です。他人にムダ毛が生えている脚を見せて恥ずかしい思いをする心配もありません。

使い方は、機種によって多少の違いはありますが、目を傷めないようサングラスをかけて、サロンでの脱毛のように、処理したい部分に光を当てていくだけです。
永久脱毛ではないので定期的にお手入れする必要はありますが、電動脱毛器やシェイバーなどと比べて脱毛効果が高いので、処理にかける手間は格段に減ります。

 
剛毛な人にとって、脱毛は頭の痛い問題。自己処理では限界があるので、できればクリニックにお任せすることをおすすめします。しかし、最近では効果の高い家庭用フラッシュ脱毛器が出てきました。自宅で気軽に処理をしたい、脱毛にかけるお金を節約したいという人にはこちらもおすすめです。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脚脱毛

Comments are closed.