> >

家庭用脱毛器とレーザーが脚脱毛に不向きな理由…エステ脱毛と徹底比較




今脱毛の主流になっているのは、

★脱毛エステ
★クリニック脱毛
★家庭用脱毛器

だと思います。

じゃあ、脚脱毛をやるならどれがピッタリなのでしょうか?

 

脱毛初心者さんに家庭用脱毛器をおすすめしない理由

エステやクリニックに行きたくないから家庭用脱毛器が良いんだけど……と思われるかもしれませんが、脱毛自体が初めての方が家庭用脱毛器を使うと、効果がでない、失敗する、挙句の果てにはお金を使って損した~という結果になると思います。

家庭用脱毛器は、フラッシュ脱毛の場合エステ脱毛の家庭版、レーザー脱毛の場合クリニック脱毛の家庭版に値します。
つまり、それぞれの脱毛を経験して初めて、効果的に使えるものだと思うのです。

もちろん、説明書やサポートセンターもあります。
家庭用脱毛器のサポートセンターに電話して詳しい使い方を聞いたのですが、ムダ毛が気になるところに光を当てるだけで大丈夫ですよ~と言われました。

 

初心者にはわかりにくいコツもある

実際は、生えてきているムダ毛をどれくらいの長さまで処理して光を当てるのか、光の強さ、連続回数などいろいろ気をつけることがあるはずです。
エステ脱毛を経験していると、「説明書に載っていないコツやポイント」がわかるんです。コツを掴まないと家庭用脱毛器は十分な効果を発揮しないと思います。

 

クリニックのレーザー脱毛

レーザー脱毛は痛いとよく言いますが、わたしが気になったのは、痛みよりも照射範囲の狭さでした。
レーザービームっていう言葉がありますよね?光線銃の先からレーザーがでて……みたいな。レーザー脱毛もあれと同じで一点集中型なんです。
脚全体という広範囲をレーザー脱毛するには、何度も何度もクリニックに通う根気と時間とお金が必要になりますが、わたしにはありませんでした……。

ちなみに、家庭用レーザー脱毛器トリアの照射範囲は1cm×1cmです。
わたしには、足脱毛にトリアを使う根気はありません~。

 

広範囲の脱毛はエステ脱毛がラクです

レーザー脱毛派の方から、フラッシュ脱毛のことを「レーザーよりも弱い機械で脱毛するんでしょ?」と言われたことがあります。
そのとおりです。
だけど、弱い=効果が無い、ではありません。
エステのフラッシュ脱毛にちゃんと通って、効果が無かった人をわたしは見たことがありません。

 

エステ脱毛のメリット

エステのフラッシュ脱毛の良いところは

・価格が安い
・照射範囲が広いのでケアが早い
・エステサロンなのでサービスが良い

などなど、女性が嬉しい内容が充実しているところです。

クリニックにも、いざというときにすぐに病院で対応してもらえるという安心感はありますが、ひどいところでは自分が施術を受けているカーテン1枚を隔てた隣で、男性が施術を受けているなんてこともあります。
女性専用クリニックならこんなことはありませんが、全てのクリニックが女性専用ではないですもんね。
もちろん、会話も筒抜け。VIO脱毛なんて怖くてできませんよね。

脚脱毛のような範囲が広いところはフラッシュ脱毛でガーッとやっつけるのが気分的にもラクですし、費用も時間も最小限で済みますよ!

 

脱毛エステで脚脱毛をより効果的に進めるための必需品

エステサロンやクリニックでの脚脱毛をスタートさせる女子が、事前に用意しておくと便利なグッズをまとめてみました。準備万端で張り切ってキレイな脚を手に入れて下さいね。
 

脱毛を開始してもしばらくは自己処理が必要!電気シェーバーは必需品

脱毛を開始しても、すぐにムダ毛がキレイになるという訳ではありません。
時間をかけてキレイにしていきますので、目立ちやすい脚のムダ毛は脱毛中でも気になることがあります。
また、脱毛にはムダ毛が伸びすぎていても施術を受けることが出来ないため、「電気シェーバー」を用意しておくようにしましょう。

 
脱毛中にカミソリや毛抜きによるお手入れをしてしまうのは、肌トラブルが起こりやすくなる事と、脱毛効果を弱めてしまうので絶対にNGな自己処理となります。
シェービングをサービスで行ってくれる店舗もありますが、持参を求められることもあるので、1台持っていて損はない便利グッズです。

 

脚用の保湿ローションはアフターケアのマストアイテム

脱毛中の「保湿」はアフターケアや脱毛効果を高めるために、非常に重要なお手入れポイントとなります。
脚の保湿ケアには十分な量のローションが必要になるので、顔用の化粧水とは別に用意しておくのがオススメです。低価格のローションでも肌に優しい製品が販売していますので、脱毛後だけではなく毎日のお手入れをすることで、お肌の水分量が上がりキメ細かな肌質に変化します。

水分量が多い肌質は、ムダ毛が抜けやすくなるほか美脚効果を高めるので、是非準備しておきましょう。「抑毛効果」のあるローションでムダ毛を生えにくくしながら、保湿を高めることが出来る製品もオススメですよ。

 

日焼けは脱毛中の天敵!UVケアのための日焼け止め

脱毛中に「日焼け」をしてしまうと施術を断られるケースがあります。
日焼けは皮膚がヤケドを起こしている状態となりますので、せっかく予約を取っても日焼けによって脱毛が出来なければ、再び予約をしなければなりません。

また、紫外線によってメラニンが生成されれば、ムダ毛がなくなっても毛穴が色素沈着を引き起こしてしまいます。毛穴が目立ち、美脚とは程遠い姿になってしまう事もあるのでUV対策はしっかり行いましょう。

紫外線は4月頃から徐々に強まっていくので、夏の時期だけではなく春や秋も気を付けて下さい。紫外線がピークを迎える5月~7月の期間中は、曇りの日でも紫外線が非常に強いので、うっかり日焼けに要注意です。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリ: 脚脱毛

Comments are closed.