> >

脚脱毛のオーダーは細心の注意を…脱毛範囲を間違うと泣くハメになります



脚脱毛

 

脚脱毛に通い出す前に、知っておくと便利なのが、脚脱毛の範囲の把握と、オーダーのポイントです。キレイに脱毛するに欠かせませんよ。
ここでは通う前に知っておくと便利な、脚脱毛の範囲とオーダーのポイントを紹介しましょう。

 

 

脚脱毛の範囲

脚脱毛の範囲は、大きく分けてヒザ下、ヒザ、ヒザ上の三ヶ所です。
サロンによっては、ヒザ下・ヒザ上のどちらかにヒザが含まれるところがあります。ヒザ下に足の甲や指が含まれるところもあります。
ヒザ下表、ヒザ下裏は、別パーツとするところもあります。

 
単一のパーツごとに料金がかかるのが一般的。コースを組めるところも多いです。脚全体のコース、脚脱毛したいパーツを選んで割安で脱毛できるサロンがほとんどです。

一般的にヒザ下の範囲は足首からヒザ下まで、ヒザはヒザまわりだけ、ヒザ上は、ももと脚の境目からヒザまでの範囲を言います。

私の通う全国チェーンのサロンは、脚の脱毛範囲をテープで印をつけ、脱毛する範囲を定めます。
個人経営のサロンは、印付けはありませんでしたが、全国チェーンと脱毛範囲の規定は同じでした。

 
サロンごとに違うこともあるので、カウンセリングで話をよく聞きましょう。

 

 

脚脱毛範囲のオーダーポイント

脚脱毛の範囲をオーダーするにはちょっとしたポイントが…。私が実際に脚脱毛をやって失敗したと感じたことが二点ほどあります。ぜひ参考になさってください。

 

 

ひざこぞうのオーダーも忘れずに

脚の中でも、特にヒザ下のムダ毛に悩んでいたので『ヒザ下を脱毛してください』の一点張り…『ヒザ下のついでに、ヒザも脱毛するのをおすすめしますけど、どうしますか?』というスタッフの説明に耳をかさず、ヒザ下脱毛だけをやりました。

 
ヒザ下脱毛した脚はつるつるに見違えりました♪でもヒザのムダ毛が残ってしまい、マヌケな仕上がりになりました。

 
ヒザは脚の中でもムダ毛の濃いパーツ。スタッフがヒザ下とセットでおすすめしてきた理由がよくわかり、やっておけばよかった…と後悔しました。
今、ヒザをヒザ上と一緒に脱毛しています。ヒザのオーダーは忘れずにやりましょう。

 

 

ヒザ下脱毛の足首ライン

私は、他の人とは違い、ヒザ下の足首ギリギリラインまでムダ毛が生えていました。サロンのスタッフはそれに気づかずに、足首ラインの脱毛をかけておらず…数本残ってしまいました。

 
自分からギリギリまでやってもらうように伝えると残さずに脱毛をやってもらえますよ。
言いづらいときは、完璧に自己処理せず、スタッフに気づいてもらえるようにするといいでしょう。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.