> >

脚脱毛で自己処理とサヨナラ!自己流でムダ毛を抜くとトラブルが続出します



脚脱毛

 

脚のムダ毛を剃っても、毛穴がポツポツ…。すぐに生えてくる…。なくすために、毛抜きや市販の『抜くだけ』脱毛器で、処理をする人も多いのでは?
一時的に毛穴が目立たなくなり、ムダ毛の生える時期を遅らせられて、『やった!』と思います。でも実はその後が大変…。

自己処理で抜く行為は、ムダ毛にとってもお肌にとってもよくない自己処理方法なのですよ。
脚は露出の多いパーツなので、キレイに脱毛したいと思う人も多いのでは?
脚脱毛で避けたい、自己処理でムダ毛を抜くデメリットを、私の体験を踏まえながら紹介します。

 

 

痛みが強い

自己処理で脚のムダ毛を抜くと、痛みが強いです。剃る処理よりは長持ちするけど、すぐに生えてくるので繰り返さなくてはなりません。処理するたびに感じる痛みは苦痛です…。
剃る処理にはないデメリットですね。同じように生えてくるのなら、抜く処理は避けましょう。

 

 

毛穴が炎症する

自己処理で脚のムダ毛を抜くと、負担がかかり一時的に毛穴が炎症します。すぐにおさまりますが、ムダ毛が生えてくるときに皮膚を突き破って生えるので、傷口となりさらに炎症します。

 
毛周期がバラバラに生えてくるので、日常的に抜かなければならず…。抜けば毛穴ごとに炎症を繰り返すので、常に炎症した脚に…。これでヒザ下がひどくただれた経験があります。短いボトムスを履くのはストッキングなくてはムリ…ナマ脚は出せませんでした。

 
抜く自己処理はキレイになれないのでおすすめできません。避けましょう。

 

 

毛穴が色素沈着しやすい

自己処理で脚のムダ毛を抜くと、毛穴が色素沈着しやすいです。抜けば毛穴に負担がかかります。繰り返すうちにくっきり黒ずむように…。抜くだけ脱毛器でヒザ下を5年間脱毛し続けた経験があります。ムダ毛をなくしても毛穴の黒ずみがくっきり残ってしまいました。

 
色素沈着を改善するに、剃るのもおすすめできません。

 

 

埋没毛になりやすい

自己処理で脚のムダ毛を抜くと、埋没毛になりやすいです。傷ついた毛穴を修復し、ムダ毛が出口をふさいだときに起こります。埋没毛の処理は、針で毛穴に穴を開け、処理する方法しかなく、傷だらけの脚になってしまいます。
抜くだけ脱毛器をやめ、カミソリ処理に替えてから、埋没毛になることはなくなりましたよ。抜く処理はやめましょう。

 
脚のムダ毛を抜く処理は、多くの人がやっている方法です。市販の『抜くだけ』脱毛器も売られていますが、実は最悪の脱毛方法なのですよ。まだカミソリ処理のほうが、お肌への負担が少ないぶん、いい脱毛方法だと言えます。

 
一番いいのは、エステ脱毛や医療脱毛。処理時間やお肌への負担がぐんと減り、自己処理いらずの生活が手に入りますよ。

脱毛リキ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comments are closed.